美少女が麻雀に青春をかける 『咲 - Saki - 』 4月5日放送開始 | アニメ!アニメ!

美少女が麻雀に青春をかける 『咲 - Saki - 』 4月5日放送開始

ニュース

 4月5日深夜26時からのテレビ東京を皮切りに、テレビ東京系全国6局で注目のテレビアニメシリーズ『咲 - Saki -』の放映が始まる。番組は美少女たちが麻雀での対決を通じて、友情、愛情を育んでいくという異色の物語、今年9月まで2クール(半年間)の放映を予定している。
 小林立さんが、現在 「ヤングガンガン」(スクウェア・エニックス刊)で連載中の人気マンガを原作に、『ストライク・ウィッチーズ』などを手掛けたゴンゾのスタッフ陣がアニメ制作を行う。『ストライク・ウィッチーズ』で培ったノウハウを最大限に活かしたキャラクターの表現や、迫力満点の闘牌シーンなどの映像も番組の見所になる。

          SK200904.jpg
          (c)小林 立/スクウェアエニックス・清澄高校麻雀部

 物語は、毎局プラスマイナスゼロで和了れる主人公の宮永咲が、全国中学生麻雀大会優勝者の原村和との出会ことから始まる。咲は麻雀部に入部することを決意し、二人の天才美少女は全国大会の頂点を目指す。
 ゴンゾによれば、美少女と青春、麻雀の要素を織り交ぜながら、麻雀部が全国大会を目指し、麻雀をスポーツとして爽やかに描くことで、麻雀を知らないアニメファンにも分かりやすく、身近に楽しめる作品に仕上ったという。さらに、ゲームとしての麻雀の楽しさを広く伝える役割も、果たしそうだ。

          SK20090401.jpg 
          (c)小林 立/スクウェアエニックス・清澄高校麻雀部

 同じ4月5日から、ゴンゾが制作に力を入れるもうひとつのテレビアニメシリーズ『シャングリ・ラ』もテレビ放送を開始する。
 こちらも主人公は美少女、しかし『咲 - Saki -』とは一転し、地球温暖化で熱帯都市となった近未来の東京を舞台にしたSFアニメとなる。

 キャラクターデザインを人気イラストレーター村田蓮爾さんが、手掛けるのも注目である。未だアニメファンの間に強烈な印象を残す『青の6号』で見せた驚きが再び蘇る。監督は別所誠人さん、シリーズ構成に大野木寛さん、クリエイティブ・プロデューサーにもりたけしさんなど実力派が並ぶ。 

『咲 - Saki - 』 公式サイト /http://www.saki-anime.com/

【メインスタッフ】
 原作: 小林 立(掲載「ヤングガンガン」スクウェア・エニックス刊)
 監督: 小野 学
 助監督: セトウ ケンジ
 シリーズ構成・脚本: 浦畑達彦
 キャラクターデザイン/総作画監督: 佐々木政勝
 美術監督・設定: 松本浩樹(スタジオ・イースター)
 編集: 三嶋章紀
 色彩設計: 内林裕美
 撮影監督: 林コージロー
 3D制作: サンジゲン
 音響監督: 鶴岡陽太(楽音舎)
 プロデューサー: 柴田知典、青木隆夫(GONZO)
 アニメーション制作: GONZO

『シャングリ・ラ』 公式サイト /http://www.anime-shangri-la.jp/

【メインスタッフ】
 原作: 池上永一(角川文庫刊)
 監督: 別所誠人
 シリーズ構成: 大野木寛
 クリエイティブ・プロデューサー: もりたけし
 キャラクターデザイン: 村田蓮爾
 アニメキャラクターデザイン: 石井久美
 クリエイティブ・スーパーバイザー : 武半慎吾
 美術デザイン: 佐藤肇
 デザインワークス: 草彅琢仁/飯田馬之介/片貝文洋/川原智弘
 音響監督: 鶴岡陽太
 音響制作: 楽音舎
 音楽: FlyingDog, Inc.
 プロデューサー: 小島勉(GONZO)
 アニメーション制作: GONZO
 製作: シャングリ・ラ製作委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集