「大正野球娘。」、2009年TBSとBS‐iで放映予定 | アニメ!アニメ!

「大正野球娘。」、2009年TBSとBS‐iで放映予定

ニュース

keyvisual.jpg 昨年秋にアニメ化決定していた『大正野球娘。』の放映が、2009年となることが明らかにされた。2009年のどの時期になるかは未発表だが、いよいよテレビに登場する日が近づいたことになる。
 また、今回は番組の放映局がTBSとBS‐iであることが明らかになった。首都圏キー局とBSで『大正野球娘。』が、ファンに向けて送られることになる。

 アニメ『大正野球娘。』は、神楽坂淳の小説『大正野球娘。』、『大正野球娘。~土と埃にまみれます~』の2冊を原作にする。この原作は現在、トクマ・ノベルズEdgeから発売されており人気を集めている。既に月刊コミックリュウ(徳間書店刊)では、伊藤伸平さん作画によるコミカライズドの連載もあり、メディアの多角化は確実に進んでいる。
 アニメでも大正時代の少女たちが、その時代では考えられなかった野球に挑戦する様子を、爽やかな乙女たちのストーリーとして描き出す。

 作品の制作は、「灼眼のシャナシリーズ」や「ゼロの使い魔シリーズ」などで定評のあるJ.C.STAFFなので、ファンの期待も高まりそうだ。監督は、『光と水のダフネ』や『げんしけん』などの人気作品を手掛けてきた池端隆史さん、池端監督はシリーズ構成も兼ねる。
 また、キャラクター原案を美少女イラストで定評のあるこうたろうさんが行なうのも話題となりそうだ。そしてキャラクターデザインは、『ムシウタ』などの神本兼利さんが行う。 
                       (c)神楽坂 淳/徳間書店・東邦星華桜花会

『大正野球娘。』 公式サイト /http://www.tbs.co.jp/anime/taisho/

【スタッフ】
原作: 神楽坂淳(トクマ・ノベルズEdge)
キャラクター原案: こうたろ
監督・シリーズ構成: 池端隆史
脚本: 池端 隆史/天河信彦/白石雅彦
キャラクターデザイン: 神本兼利
プロップデザイン: 辻野芳輝
美術監督: 小林七郎 
アニメーション制作: J.C.STAFF
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集