「ドラゴンボールZ」再編集版4月から日曜日朝で放映開始 | アニメ!アニメ!

「ドラゴンボールZ」再編集版4月から日曜日朝で放映開始

ニュース

 『ドラゴンボール』のアニメ作品『ドラゴンボールZ』が、今年4月5日から再編集版としてテレビ放映を開始する。2月9日に発売された週刊少年ジャンプ(集英社刊)の最新情報の記事で明らかになった。
 記事が掲載されているのは、週刊少年ジャンプのアニメ情報を集めた「ジャンプアニメ情報基地」のコーナーである。『ドラゴンボールZ』については、「『ドラゴンボールZ』放映開始20周年記念!最新デジタル技術を使いZ伝説がTVアニメで復活!!」で触れている。

 放映はフジテレビ系で、4月5日日曜日朝9時から開始するとしている。この時間帯は現在『ゲゲゲの鬼太郎』の第5シーズンが放映されている。このため2007年4月から放映されていた『ゲゲゲの鬼太郎』は2年間で終了し、その後を引き継ぐことになる。
 日曜朝9時からは、長年東映アニメーションが製作するタイトルが放映されてきた時間帯である。これまでにも『デジモン』シリーズ、『金色のガッシュベル!!』など、大型タイトルが投入されてきた。今回は、同社の大型ブランドである『ドラゴンボールZ』で勝負をかける。

 週刊少年ジャンプによれば、作品はHDリマスターで画質をアップすると共に、物語も再編集される。また、孫悟空役の野沢雅子さんらのオリジナルメンバーによる再アフレコ、本編音響効果も再収録、さらにオープニング曲、エンディング曲も新しくなる。
 このため映像をリマスターした再放送ではなく、オリジナルバーションの魅力を大胆にアレンジした新たな作品と見てよさそうだ。国内だけでなく、世界的に人気高い作品だけに、新番組はグローバルに注目を集めそうだ。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集