「×××HOLiC 春夢記」前編アフレコ終わる 上映イベントも開催 | アニメ!アニメ!

「×××HOLiC 春夢記」前編アフレコ終わる 上映イベントも開催

ニュース

xxx.jpg CLAMPが「週刊ヤングマガジン」で連載をする人気マンガ『×××HOLiC』は、2005年の劇場映画『×××HOLiC 真夏ノ夜ノ夢』を最初に、テレビシリーズ第1期、第2期『×××HOLiC◆継』とアニメ展開でも益々広がりを見せている。
 こうした『×××HOLiC』の広がりは、ファンからの高い支持が実現させるものだ。そして、そうしたファンの期待に応えるべく、2009年には作品は劇場映画とも、テレビシリーズとも異なるさらなる展開を遂げる。
 OAD(オリジナルアニメーションDVD)『×××HOLiC 春夢記』前後編である。『×××HOLiC 春夢記』は2月17日に発売される単行本14巻と6月23日に発売される15巻のそれぞれの初回限定版に、前編(14巻)と後編(15巻)がセットとなるものだ。

 OADはこれまで『ツバサ TOKYO REVELATIONS』の企画でも好評を博している。CLAMPの原作を楽しみつつ、さらに映像化された作品も楽しめるプロジェクトとなっている。ただし、予約受注生産となっているため、確実に手に入れるには予約注文が必要だ。
 作品の前編は既に完成に近づいており、1月25日にはこの『×××HOLiC 春夢記』前編の完成記念した先行上映イベントが千葉・舞浜のシネマイクスピアリで行なわれる。リリースに先駆けて作品を観るチャンスだ。
 開催は18時からと19時からの2回のみ、当日は舞台挨拶のゲストとして水島努監督と壱原侑子役の大原さやかさん、モコナ役の菊地美香さんという豪華なゲストも登場する。

 また、既にアフレコも終了している。久しぶりの新作『×××HOLiC』のアフレコにあたって声優さんたちも、それぞれ感慨深げだ。
 アフレコ現場からは、そうした声優さんたちのコメントも届けられている。
                                     (C)CLAMP/講談社

公式サイト /http://kc.kodansha.co.jp/tsubaholi/

【×××HOLiC 春夢記】前編アフレココメント

大原さやかさん(壱原侑子役)
「懐かしいような、でも先週もここにこうしていたような・・・ちょっと不思議で、でもとても楽しい収録でした。お久しぶりのキャラも初めましてのキャラもたくさんで、うれしかったなあ♪『×××HOLiC』の妖しいエッセンスがギュッと凝縮されていますので、ぜひ楽しみにしていて下さい。」

         ho1.jpg
         (C)CLAMP/講談社

福山潤さん(四月一日君尋役)
「『×××HOLiC◆継』から約半年。こんなに速く再び「×××HOLiC」に関われる、その喜びをアフレコに込めました!
『春夢記』では今までのアニメ版では出来なかった念願の『ツバサ』とのリンクが実現して、双互性と四月一日と小狼の繋がりを演じられ気合いも充分でした。
内容もいつも通りでありながら、原作のエピソードをいつくか更に盛り込んで見応え充分!
早く続きを観みたい演じたい気持ちにさせてくれました。早く観て欲しくて皆さんの手に取られる日が待ちどおしいです!」

         ho2.jpg
         (C)CLAMP/講談社

中井和哉さん(百目鬼静役)
「やっぱり×××HOLiCは面白い!
遙さんはなんかエロい!
百目鬼は相変わらずだ!
ただ百目鬼のくせに結構しゃべっていて生意気だ!
・・・などと思いました。」

菊地美香さん(モコナ役)
「久しぶりのアフレコはあっという間に終わってしまい、何だか淋しかったです。
「×××HOLiC」の現場はどんなに久しぶりでも、昨日まで一緒にやっていたような雰囲気で、ホッとします。今から仕上がりが楽しみです」

         HOLiC-AR.jpg

「×××HOLiC 春夢記」〈前編〉先行上映+ゲスト舞台挨拶

【場所】 シネマイクスピアリ  (JR舞浜駅)シアター・フロント 13番シアター
【開催日時】
2009年1月25日(日)
第1回上映 18時~ 第2回上映 19時~ (両回、内容は同一)
【舞台挨拶ゲスト】
水島努監督/壱原侑子役・大原さやかさん/モコナ役・菊地美香さん
【チケット価格】 1プログラム 500円
【チケット発売】 発売中
【チケット購入方法】 詳しくは/http://www.ikspiari.comにて
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集