「絶チル」&「ハヤテ」 人気アニメのWebラジオがコラボレーション | アニメ!アニメ!

「絶チル」&「ハヤテ」 人気アニメのWebラジオがコラボレーション

 12月14日、秋葉原UDXシアターで、人気テレビアニメふたつのWebラジオ番組がコラボする公開収録イベント「七転八起(しちてんはっき)!秋の出会いは高尾山から真冬のプレゼント」が行われた。  今回コレボレーションしたのは、現在大好評テレビ放映中『絶対可憐チル

ニュース
hXc02.JPG 12月14日、秋葉原UDXシアターで、人気テレビアニメふたつのWebラジオ番組がコラボする公開収録イベント「七転八起(しちてんはっき)!秋の出会いは高尾山から真冬のプレゼント」が行われた。
 今回コレボレーションしたのは、現在大好評テレビ放映中『絶対可憐チルドレン』の「絶対可憐放送局」とOVA発売が決定、アニメ第2期制作決定とファンの熱気も最高潮の『ハヤテのごとく!』の「ハヤコン」である。
 いずれも人気番組、そして人気パーソナリティだけに、当日の出演は白石涼子さん、小杉十郎太さん、遊佐浩二さん、田中理恵さんとかなりビッグな面々となった。

kerenchildren.jpg まずスタートしたのは絶対可憐放送。パーソナリティは野上葵役の白石涼子さんと桐壺帝三役役の小杉十郎太さん、それに兵部京介役の遊佐浩二さんがゲスト参加して収録となった。
 お便りの紹介コーナーから始まり、人気コーナーの「○○と言えば何?」のお題に回答をシンクロさせて答える「念動回答(サイキックアンサー)コーナー」では、回答者に白石さんと遊佐さんに加え、公開収録ということで会場から選ばれたお客様も参加した。
 今回のコーナーの目玉は豪華な商品。シンクロ率に合わせて秋葉原名物の「おでん缶」がプレザントを持ち帰る。100%のシンクロ率なら、「おでん缶」1ダースを進呈となる。しかし、この賞品は当日お持ち帰りが原則という、出演者泣かせの罰ゲームのような(?)賞品だ。
                  (c)椎名高志/小学館・超能力支援研究局・テレビ東京
 
 さらにその後にはサプライズゲストとして『絶対可憐チルドレン』のオープニングを歌う可憐Girl'sが登場。場内からは「おおー!」という、ひときわ大きなどよめきが起こり可憐Girl'sへの注目度の高さを感じさせる。
「いや~本当に可愛いね!桐壺局長として僕も君たちを見守っていくからね。これからも頑張って!」の小杉さんの応援に声をそろえて「はい!」と答える可憐Girl's。 
「お人形さんのようだね。うう…可愛すぎておじさん腰がくだけるよ(一同笑)。」と小杉さんは可憐Girl'sのあまりの可愛さにメロメロ(?)に。

hayateudx.jpg 続く「ハヤコン」は、『ハヤテのごとく!』では綾崎ハヤテ役の白石涼子さんが再び登場、そしてマリア役の田中理恵さんと元気よくスタートした。ここで本来の番組ではパーソナリティを務めるナギ役の釘宮さんからのビデオコメントが会場のファンに伝えられた。
 そしてここでゲストとして登場したのは、『ハヤテのごとく!』ではタマ役を演じる先程の小杉十郎太さん。コラボレーション企画ならではの絶妙な番組づくりになった。

 こちらの目玉はレギュラーコーナーの「熱烈歓迎! 三千院家」だ。パーソナリティーチームとゲストが様々な対決をして、見事ゲストが勝利したら素晴らしいおもてなしを受けることができるというものだ。対戦の結果によって、おもてなしの内容が変わり、上は『超VIP待遇』から下は『新人AD扱い』までの5段階となる。
 今回のお題は『何の鳴き声かわかるかにゃ対決!』。様々な生き物の外国での鳴き声を聞いて、何の生き物の鳴き声なのかを当てる対決だ。「ココリコ」「クラクラ」、出演者の回答の行方は?
                   (c)畑健二郎/小学館・三千院家執事部・テレビ東京

hxc01.JPG イベントの最後には、出演者全員がステージに登壇しお礼の言葉を述べた。『絶対可憐チルドレン』と『ハヤテのごとく!』人気作品同士の初コラボレーションだが、参加者も大満足の盛り上がりと共に無事収録は終了した。
 Webラジオは絶対可憐放送局はアニメイトTV、ハヤコンは音泉にて配信中、当日の収録された番組はこちらで視聴出来る。

白石涼子さん
「長丁場でどうなることかと思いましたが、いざ始まってみるとあっという間でした。楽しかったです!」

小杉十郎太さん
「いつも番組を聴いていただいてありがとうございます。それにしても今日は本当にいろんなことがありましたね(笑)。こうしてリスナーの皆さんの前で収録をするのはとても新鮮でした。」

遊佐浩二さん
「ハヤテのごとく!」のことが勉強になりました(笑)。いや~本当に面白い番組ですよね(一同笑)」

田中理恵さん
「すごく新しい試みだったと思います。緊張もしましたが楽しむことができました。会場の皆さんありがとうございました。」

『絶対可憐チルドレン』 公式HP /http://www.z-child.com/
『ハヤテのごとく!』 公式HP /http://hayatenogotoku.com/

■ 「絶対可憐チルドレン」 絶対可憐放送局
  アニメイトTV /http://www.animate.tv
■ 「ハヤテのごとく!」 ハヤコン
  音泉 /http://www.onsen.ag/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集