TOKYOPOPのリービー氏 ブログをスタート 映画企画最新情報など | アニメ!アニメ!

TOKYOPOPのリービー氏 ブログをスタート 映画企画最新情報など

 米国の有力マンガ出版社で映画事業も展開するTOKYOPOPのスチュウアート・リービー氏が、11月30日から自身のブログ「スチュウ通信」をオープンした。  このブログはリービー氏がこの秋からスタートしたメールマガジンのウェブ版で、TOKYOPOPの最新情報だけでなく、日

ニュース
 米国の有力マンガ出版社で映画事業も展開するTOKYOPOPのスチュウアート・リービー氏が、11月30日から自身のブログ「スチュウ通信」をオープンした。
 このブログはリービー氏がこの秋からスタートしたメールマガジンのウェブ版で、TOKYOPOPの最新情報だけでなく、日本と米国のポップカルチャー情報なども届ける。

 スチュウアート・リービー氏は、米国における日本マンガ出版のパイオニアであるTOKYOPOPの創立者である。現在は同社の代表取締役とクリエティブオフィサーを務めている。また、現在TOKYOPOPが事業展開を進める映像事業では、プロデュースや原作、映画監督も行う。
 ブログの中で興味深いのは、TOKYOPOPの進める映画企画の最新情報である。現在、同社が進めている冬目景さんのマンガ『羊の歌』を原作とする実写映画企画やスチュウアート・リービー氏自らが原作となる『プリンセスアイ』の長編アニメーション企画についても触れている。

 『プリンセスアイ』のアニメーション映画化は、2005年に東京国際映画祭のTIFFCOMでプレゼンテーションされた企画である。米国のロック歌手コートニー・ラブさんが企画に参加し、日本の人気マンガ家矢沢あいさんキャラクターデザインを提供した同名の米国産マンガの長編アニメーション化である。
 ブログによれば、サテライトが制作を手がけたPV映像が先週ウェブ公開をしたばかりだという。また、12月には原作の続編にあたる第3巻「Princess Ai – the Prism of Midnight Dawn」を発売する予定ともしている。

 『羊の歌』については、英題を『Love Like Blood』とし、リービー氏と日本の映画監督秋山孝彦氏が共同監督をする。現在はプリプロダクションの段階で資金調達と配給の打ち合わせをしているという。少し驚く情報は、リービー氏はこの映画は立体映画として撮影するつもりという点である。
 このほかにもTOKYOPOPは、『一騎当千』の実写化企画も持っている。ブログからは、今後こうした作品の最新情報も届けられそうだ。

スチュウ通信 /http://stulevy.blogspot.com/

当サイトの関連記事
/TOKYOPOP 羊のうたの実写映画化企画発表
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集