元編集者と漫画家の語る週刊少年ジャンプ 12月に公開講座 | アニメ!アニメ!

元編集者と漫画家の語る週刊少年ジャンプ 12月に公開講座

ニュース

 ユニークなマンガ関連の連続講座を開催している東京・江東区の田河水泡・のらくろ館は、12月14日に「『週刊少年ジャンプ』躍進の舞台裏」と題した講座を取り上げる。
 この講座は全5回から構成された「少年まんが誌の文化論」の第4回目にあたる。週刊少年ジャンプの第5代目編集長でコアミックス代表取締役の堀江信彦氏と『北斗の拳』の原哲夫さんが対談を行う。また司会を、マンガ研究家の秋田孝宏さん務める。

 対談の内容は、新人マンガ家と担当編集者としてスタートした2人が、日本を代表するマンガクリエイターとなるまでの軌跡や、現在のマンガへの熱い思いなどになるとしている。日本を代表するマンガ『北斗の拳』の誕生の秘密が聞くことが
 講座は12月14日14時から16時まで、定員は150名で、参加費は1500名、森下文化センター/田河水泡・のらくろ館が電話予約のみで受け付ける。

 田河水泡・のらくろ館は、これまで「永遠の名作 時代を変えた少女マンガ」の連続講座も行っている。また今回はこのほかに、現週刊少年マガジン編集長森田浩章さん、編集者でマンガ研究家の斎藤宣彦さん、さらにマンガコレクターとして音楽家のタケカワユキヒデさんらが登場している。
 さらに来年2月には、『アニメ化への挑戦』と題した講演を杉並アニメーションミュージアム館長の鈴木伸一さんが行う。

「元編集長と漫画家が語る『週刊少年ジャンプ』躍進の舞台裏」

 堀江信彦 コアミックス代表取締役・元『週刊少年ジャンプ』編集長
 原哲夫 漫画家 

司会: 秋田孝宏 漫画研究家 

日時: 12月14日(日) 14時~16時
※講座「少年まんが誌の文化論」(全5回)の1コマ
参加費: 1500円
定員: 先着150名 
申込方法: 電話予約のみ
会場/申し込み先
森下文化センター/田河水泡・のらくろ館 /http://www.kcf.or.jp/
〒135-0004 東京都江東区森下3-12-17 TEL 03-5600-8666
(受付時間 9時~22時 第1・3月曜日休館)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集