荒牧伸志新作「VIPER’S CREED」2009年1月放映開始決定 | アニメ!アニメ!

荒牧伸志新作「VIPER’S CREED」2009年1月放映開始決定

ニュース

VipersCreed_key.jpg 劇場映画 『APPLESEED』や『EX MACINA-エクスマキナ-』で世界的なヒットを築いた荒牧伸志さんが総監督をする新作テレビシリーズが2009年1月からテレビ放映されることが明らかになった。
 この作品は『VIPER’S CREED(ヴァイパーズ・クリード)』、近未来を舞台にしたメカニカルアクションストーリーである。2009年1月6日10時からアニマックスで、さらに1月10日23時30分からBS11デジタルで毎週放送される。『APPLESEED』や『EX MACINA-エクスマキナ-』でみせた、メカやアクション、3DCGも見どころとなる。

 物語は大戦終結後の21世紀半ば、情報からも地理的にも分断された都市社会を舞台にする。主人公は民間軍事会社「アルコン・グローバル・セキュリティ」で働くサクラコとトップ「ユニット・ヴァイパー」のサイキ、必ずしも市民から好意を持たれていないアルコンの面々がぶつかる様々な事件が、激しいアクションを通じて描かれる。
 このサイキ役を黒田崇矢さん、サクラコ役を豊口めぐみさんが演じる。さらにキャストは福山潤さん、川田紳司さん、皆川純子さんら人気声優陣となっている。

 監督は『シュバリエ』や『忍空』の神戸洋行さん、シリーズ構成には『ウルトラマンメビウス』や『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』の赤星政尚さんが加わる。
 さらに制作を『天地無用!』やこの秋大きな話題を呼んでいる『喰霊-零-』のAICスピリッツ、そして 『APPLESEED』や『バイオハザード ディジェネレーション』でCGアニメーションに定評のあるデジタル・フロンティアが行う。

 製作を今年から本格的なアニメ製作に乗り出しているソニーピクチャーズ エンタテイメントが行う。また、作品は、今年開局10周年を迎えたアニメ専門チャンネルアニマックスの記念作品でもある。
 『ウルトラヴァイオレット:コード044』、『黒塚-KUROZUKA-』に次ぐ、ソニーピクチャーズ製作、アニマックス放映の第3弾だ。今後は、ワールドワイドな展開も考えられる期待の新作である。
(c)2008 Sony Pictures Entertainment(Japan)Inc.

アニマックス /http://www.animax.co.jp/

     VClogo.jpg
        (c)2008 Sony Pictures Entertainment(Japan)Inc.

【スタッフ】
総監督: 荒牧伸志
監督: 神戸洋行
シリーズ構成: 赤星政尚
脚本: 赤星政尚/太田愛/谷崎あきら/長谷川圭一
制作: AICスピリッツ/デジタル・フロンティア
製作: ソニーピクチャーズ エンタテイメント

【キャスト】
サイキ: 黒田崇矢
サクラコ: 豊口めぐみ
ハルキ: 福山潤
ルドラ: 川田紳司
ノーマ: 皆川純子
テレジア: 甲斐田ゆき
ウォルター: 家中宏
マイカ: 小島幸子
フユヒコ: 大木民夫
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集