コミック版「キャシャーンSins」 竹井正樹 月刊COMIC RUSH連載 | アニメ!アニメ!

コミック版「キャシャーンSins」 竹井正樹 月刊COMIC RUSH連載

(c)竹井正樹/JIVE  『新造人間キャシャーン』は、1973年にテレビ放映され名作アニメとして多くの人の記憶に残る。この作品を原作に、独自の世界を描く『キャシャーンSins』のテレビ放映がこの10月から始まっている。  作品は原作の持つハイセンスなSFとシリアスな

ニュース
(c)竹井正樹/JIVE
comiccarseen.jpg
 『新造人間キャシャーン』は、1973年にテレビ放映され名作アニメとして多くの人の記憶に残る。この作品を原作に、独自の世界を描く『キャシャーンSins』のテレビ放映がこの10月から始まっている。
 作品は原作の持つハイセンスなSFとシリアスな雰囲気を継承しつつ、謎に満ちたキャシャーンとロボット達の世界を描き出す。今大きな注目を浴びるアニメスタジオ マッドハウスが、現代の技で生み出す新しいキャシャーン像が注目を浴びている。

 今月10月26日発売号の「月刊COMIC RUSH」(ジャイブ刊)で、この『キャシャーンSins』を基に、さらなるバリエーションとなるコミック版『キャシャーンSins』の掲載が始まった。作品は竹井正樹さんが描いており、テレビ版とはまた異なる世界観を描きだす。
 竹井正樹さんは人気アニメーターとして知られており、古くは『妖獣都市』、『ロードス島戦記』などに参加、近年は『ef - a tale of memories.』や『マクロスF』などで活躍する。
またPCゲームなどでおなじみの『同級生』シリーズや『ドラゴンナイト4』といった数々の人気作品のキャラクターデザイナーでも広く知られるなどマルチな才能を発揮する。

 コミック版『キャシャーンSins』は、TV版を原作としながらも、見るものにどこか違った印象を与える。キャシャーンの孤独、リンゴの清らかさ、リューズの怒りなど、漫画でしか味わえないもうひとつの『キャシャーンSins』が表現されるという。作品はまた新たな竹井正樹さんの世界を表すものとなりそうだ。
 月刊COMIC RUSHは、毎月26日にジャイブより発売され、定価は税込み490円となる。

comiccaseen02.jpgジャイブホームページ /http://www.jive-ltd.co.jp
キャシャーンSins /http://casshern-sins.jp/

月刊COMIC RUSH
発売日: 毎月26日発売
定価: 490円(税込) 判型: B5判
発売元:ジャイブ株式会社 

(c)竹井正樹/JIVE
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集