「たまごっち」初のカラー版11月22日発売 映画は12月20日公開 | アニメ!アニメ!

「たまごっち」初のカラー版11月22日発売 映画は12月20日公開

ニュース

 バンダイは大ヒット玩具「たまごっちプラスシリーズ」の最新商品として、液晶をカラー化した「たまごっちプラスカラー」を11月22日に発売する。
 1996年に発売された たまごっちシリーズがカラー化するのは、今回が初めてである。新商品のボディカラーは全7色で、各税込5040円となる。

 「たまごっちプラスカラー」の特長は、カラー液晶を採用したことで たまごっちの世界観がよりリアルに再現できるようになったことである。発売元のバンダイによれば、カラー化で たまごっちの表情が格段に豊かになったほか、これまで表現が難しかった時間や天気の変化、季節の移り変わりなどの描写が可能になった。
 商品の想定ターゲットは7歳から9歳の女児、2009年3月末までになった国内で20万個の販売を計画している。

 新商品は12月からの年末年始商戦を狙ったものと思われる。今後、年末に向かって、商品とメディアミックスを絡めたプロモーションが活発化しそうだ。
 既にたまごっちのメディアミックスでは、12月20日に劇場映画第2弾となる『映画!たまごっち うちゅーいちハッピーな物語!?』が公開予定になっている。このほか人気アーティストEXILE とのコラボレーション『エグモっち』の登場する「たまごっちプラスカラー」を製作予定である。これは11 月29日から開始するEXILEの全国5 大ドームツアー「EXILE PERFECT LIVE TOUR 2008」のライブ会場や公式ファンクラブサイトなどで販売される。
 また、同じ11月には、日本マクドナルドとの大型プロモーションを展開する予定だ。11月から12月にかけて たまごっちに注目集まる機会が増えそうだ。 

 バンダイのたまごっちの前年の2007年度の売上高は18億円と2006年度の124億円から大幅に減少している。しかし、バンダイナムコHDは、たまごっちを世界中で展開し、定番キャラクターとして今後も注力するとしている。今回の新商品は、こうした たまごっちの売上高の反転を目指すものとみられる。
 一方で、前年はキャラクターとしての たまごっちの売上高は120億円あった。玩具のカラー化や映画化などのメディアミックス拡大で、キャラクターコンテンツとしてのたまごっちのブランド価値の向上も目指されている。

たまごっち 公式サイト /http://tamagotch.channel.or.jp/
映画!たまごっち うちゅーいちハッピーな物語!?公式サイト 
/http://tamaeiga.com/

バンダイ /http://www.bandai.co.jp/
バンダイナムコホールディングス /http://www.bandainamco.co.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集