鋼の錬金術師 再アニメ化決定 テレビシリーズで展開 | アニメ!アニメ!

鋼の錬金術師 再アニメ化決定 テレビシリーズで展開

ニュース アニメ

 月刊少年ガンガンで連載中の人気マンガ『鋼の錬金術師』の新シリーズが製作されることが明らかになった。作品はテレビシリーズで展開される。8月22日に発売されたコミックス第20巻、およびアニプレックスのウェブサイトに掲載されている。詳しい内容は明らかになっていないが、情報の掲載から前作同様アニプレックスが製作に関わるとみられる。
 原作は荒川弘さんによるファンタジーマンガ。錬金術を使うエドワード・エルリックとアルフォンス・エルリックが失った体を取り戻す旅の途中、様々な国家的陰謀に巻き込まれる。少年ガンガンでは2001年から連載が開始され、原作の物語はいよいよクライマックスに向かっている。単行本は3月に発売した第19巻までで累計3000万部を売り上げている。

 2003年から1年間MBS・TBS系でアニメが製作され、全国的に人気がブレイクした。前年に放送された『機動戦士ガンダムSEED』と共に、土曜午後6時の枠をブランド化させた作品でもある。
 テレビシリーズは原作の初期の頃から制作が進められたため、物語の展開が原作から一部変更され、2005年にテレビシリーズ最終回の後日談を描いた劇場版が公開された。

 同一原作からテレビシリーズが複数作られることはあるが、前作でアニメ版としての物語を完結されたものが再びアニメ化されるケースは珍しい。
 原作同様、前作のアニメも高い人気を誇っているためファンからの期待も高くなるだろう。

 2009年1月29日には、前シリーズのボックスセットが発売される。これはテレビシリーズ全51話のDVDと、劇場版のブルーレイディスクほか番外編など20枚の映像ディスク、サントラや主題歌集などによる8枚の音楽ディスクによって構成される。
 また、公式グッズレプリカ、氷川竜介氏による約148ページに及ぶクロニクルなども含まれる。完全予約限定で生産され、締め切りは2008年9月30日となっている。このボックスセットの購入者5000人が限定で2009年4月4日にJCBホールで行われるイベントに参加できる。出演は、エドワード役の朴ろ美さん、アルフォンス役の釘宮理恵さんほか。申し込み方法は後日、公式サイト上で発表される。

鋼の錬金術師 アニプレックス公式サイト /http://www.aniplex.co.jp/hagaren/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集