夢枕獏原作「黒塚-KUROZUKA-」 アニメ化  | アニメ!アニメ!

夢枕獏原作「黒塚-KUROZUKA-」 アニメ化 

ニュース

 夢枕獏さんの人気小説『黒塚-KUROZUKA-』がアニメ化され秋から放送開始する。放送スケジュールは、アニマックスで2008年10月7日(火)22時からとなる。
 同日27時からと、10月11日(土)22時にはリピート放送される。以降、毎週3回ずつ放送される。また、BSデジタル11では10月11日(土)23時30分から放送される。全12話を予定している。

 物語は鎌倉時代。兄・源頼朝から逃げる源九郎義経(クロウ)と弁慶。二人が山中を放浪する最中、美しい不老不死の吸血鬼・黒蜜と出会い、義経は不老不死の吸血鬼となる。義経は鎌倉以降、記憶を無くし続けながら黒蜜と現代まで生き続ける。
 原作は吸血鬼や伝奇小説の夢枕獏さん、マンガ版は野口賢さんによってスーパージャンプで2002年から2006年まで連載された。コミックスは10巻発売されている。

 アニメ版の監督を務めるのは『DEATH NOTE』の監督を務めた荒木哲郎さん、キャラクターデザイン・総作画監督は『BLACK LAGOON』や『シグルイ』などでもキャラクターデザイン・総作画監督として活躍した筱雅律さんが担当する。
 シリーズ構成は藤岡美暢さん・白土勉さん・荒木哲郎さんの3人体制となっている。アニメ制作はマッドハウスが行う。製作はソニー・ピクチャーズエンタテインメントが行う。今年7月に放送開始され、同社のアニメ作品製作第一弾となった『ウルトラヴァイオレット:コード044』に引き続いての製作体制となる。

 キャストはクロウ役に宮野真守さん(『DEATH NOTE』夜神月役など)、黒蜜役に朴ろ美さん(『ウルトラヴァイオレット コード044』044役など)、弁慶役に中田譲治さん(『ケロロ軍曹』ギロロ伍長役など)と、豪華なキャストが演じる。
 また、作品のエンディングテーマは、2008年7月にEPICソニーレコードからメジャーデビューを果たしたシギさんの『ハナレバナレ』となっている。シンガーソングライターであるシギさんが作詞・作曲を手がける。

アニマックス /http://www.animax.co.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集