六本木ヒルズに「デトロイト・メタル・シティ」制作スタッフと声優陣集結 | アニメ!アニメ!

六本木ヒルズに「デトロイト・メタル・シティ」制作スタッフと声優陣集結

ニュース

 アニメ『デトロイト・メタル・シティ』(DMC)のDVD-BOXが発売となったのを記念して、発売日にあたる8月8日に「「クラウザーII世×東京タワー=六本木ヒルズ」メタルモンスターナイト」が開催された。
 会場となったのは、クラウザーさんが東京タワーに孕ませたという都市伝説もある六本木ヒルズのTOHOシネマズという因縁の場所である。

 イベントはオールナイトイベントにも関わらず、チケットが即日売切れとなり、DMCの人気の高さを見せつけた。
 当日は発売されたばかりのアニメ『デトロイト・メタル・シティ』の全話一挙上映、映画『デトロイト・メタル・シティ』のドキュメントDVD上映、それに加えてゲストによるトークショーと、かなり豪華な内容である。

         dmc-roppongi.JPG

 トークセッションは2部構成、第1部は長濵博史監督に、うえだゆうじさん(ヨハネ・クラウザー世役)、岸尾だいすけさん(根岸崇一役)、小林愛さん(デスレコーズ社長役)と声優陣中心である。深夜でもあり、トークは過激な内容で盛り上がった。
 デスレコーズ社長役の小林愛さんからは、「女子の中で一番卑猥な言葉が多かったけど、やってみて気持ちが良かった」と過激発言も飛び出した。
 続く第2部は、声優陣に替わりアニメ制作を行ったSTUDIO 4の田中栄子社長、アニメと映画両方のプロデューサーを務める川村元気さんが登場。長濱監督も交えて、DMCがアニメ化に至った経緯や、過激な台詞・デスメタル楽曲などを忠実に再現する際の苦労話など、製作秘話を紹介した。

 また、8月9日には渋谷タワーレコードでも、トークショーも行われている。長濱監督、うえだゆうじさん、岸尾だいすけさんは、2日続きの出演で、さらにニナ役の名塚佳織さんも登場しイベントを盛り上げた。
 長濵監督が「(DVDを)楽しんでくださればいいなと。皆さん本当にひどい台詞や下ネタを連発してくれたり。見てください、是非とも」と作品を紹介した。

         dmc-shibuya.JPG

 名塚さんは「皆さん応援して下さってありがとうございます。(DVDが)出来上がって、皆さんに見てもらって、すぐ反応が返ってくるのが嬉しいです。応援ありがとうございます」と、岸尾さんは「何しろ面白い作品なんで、見てもらえれば、これ幸いなんで。楽しんでいただければそれでいいと。DMC丸ごと楽しんで下さい。カヒミ・カリイを聞いてください(笑)」とファンの応援に感謝を述べた。
 また、うえださんは「作業自体面白かったです。長濵監督の作品としてちゃんと出てるなあと。いろんな能力を投じてやらせていただいて。見てもらえれば嬉しい。実写とかあって、皆さんお祭りとして乗っかっちゃってください」とこちらも作品の魅力を紹介した。

 アニメDVDの発売に続いて8月23日には、李闘士男監督、主演松山ケンイチさんの劇場映画『デトロイト・メタル・シティ』も、全国公開される。
 アニメと同様、原作の強烈な世界を描き切った映像が、いよいよ登場する。アニメ版と実写版をあわせると、さらにDMCの魅力が広がりそうだ。

アニメ『デトロイト・メタル・シティ』公式サイト /http://www.go-to-dmc.jp/
映画『デトロイト・メタル・シティ』公式サイト /http://www.go-to-dmc.jp/movie/
『デトロイト・メタル・シティ』公式サイト(白泉社) /http://www.younganimal.com/dmc/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集