「夜桜四重奏」アニメ化 今秋放映開始決定 | アニメ!アニメ!

「夜桜四重奏」アニメ化 今秋放映開始決定

ニュース

                      (c)ヤスダスズヒト・講談社/桜真町生活相談所
yozakura.jpg 人気マンガ『夜桜四重奏』のアニメ化作品が、今年秋からTBS、BS-iで放映されることが決定した。原作は、ヤスダスズヒトさんが「月刊シリウス」(講談社)にて、連載中。連載は2006年より開始しており、コミックスは4巻で既に50万部を突破している人気作品である。
 作品は人と妖怪が共存する桜真町を舞台に、人間と妖怪の個性豊かなキャラクターたちが織り成すアクションミステリーとなっている。桜真町で続発する奇怪な事件に、『比泉(ひいずみ)生活相談事務所』の所長比泉秋名、常人離れした力を持つ女子高生槍桜ヒメ、他者の心を読み取る「サトリ」の七海アオ、言葉を物質化する「言霊使い」五十音ことは らがそれに立ち向かう。

 作品は、毎年TBSが人気アニメを紹介するTBSアニメフェスタの今年のイベントで、メインビジュアルに抜擢されるなど期待値も急上昇中である。
 アニメ版の注目は実力派が揃った制作陣。アニメ制作のノーマッドを中心に、あの『ローゼンメイデン』シリーズのスタッフが集結する。監督に松尾衡さん、シリーズ構成の花田十輝さん、キャラクターデザインの菊池聡延さんが一同に介する。

 松尾監督はこの春にも、『紅』の丁寧な物語注目を浴びているほか、『RED GARDEN』の監督も行うなどその演出の実力には定評がある。
 また『紅』に続き、吹き替えにはアフレコでなく、先に録音してからアニメを制作するプレスコを採用するのも見所である。
 
夜桜四重奏 /http://www.tbs.co.jp/anime/yozakura/

【スタッフ】
原作: ヤスダスズヒト (月刊シリウス(講談社刊)連載中)
(C)ヤスダスズヒト/講談社
監督: 松尾衡
シリーズ構成: 花田十輝
キャラクターデザイン: 菊池聡延
音響監督: 鶴岡陽太
アニメーション制作: ノーマッド
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集