「SLAM DUNK 20000 PROJECT」開会セレモニー開催 | アニメ!アニメ!

「SLAM DUNK 20000 PROJECT」開会セレモニー開催

ニュース

 東映ビデオより2008年8月8日に発売される『SLAM DUNK』のDVD-BOX第1巻「SLAM DUNK DVD-Collection VOL.1」の発売を記念した「SLAM DUNK 20000 PROJECT」が開催されている。
 これは、作中の主人公・桜木花道が1週間で2万本のシュート練習に挑んだエピソードにちなんで、さまざまな場所でファンが20000本に向けてシュートを積み重ねていく参加型のイベントである。このイベントの参加者にはイベント特製シリアルナンバー入りカードが渡される。

 7月13日、最初の会場となる「ストリートボールリーグLegend “ZEPPツアーファイナル”SEASON6 GRAND CHAMPIONSHIPZEPP」の開催場所・ZEPP東京で開会式イベントが行われた。ストリートバスケットリーグの最終戦という、作品に相応しい場所である。
 そして「SLAM DUNK 20000 PROJECT」の最初のシュートを放ったのは、原作者である井上雄彦さんで、見事に決めて認定カード「01」を手に入れた。

          inoue-sensei.JPG

 その後のセレモニーでは日本代表の五十嵐圭選手や、bjリーグの城宝匡史選手、女子バスケットの田中利佳選手、ストリードバスケLegendの仮エース選手、車いすバスケの安直樹選手など、様々なバスケットボール選手10人が出場した。皆、『SLAM DUNK』のファンの選手たちだ。
 安選手が五十嵐選手からのパスでレイアップシュートを決めたほか、3ポイントシュートやダンクなど、それぞれが様々なスタイルでシュートを決め、認定カードを手にしていた。
 セレモニーの後、一般参加者のうち先着200名が参加し、まだまだ『SLAM DUNK』ファンの熱狂ぶりを感じさせたイベントとなった。

          sldun 2000.jpg

 この「SLAM DUNK 20000 PROJECT」は、このほかアミューズメント施設の「ラウンド1」各店(一部店舗)ほか、由比ガ浜で開催される「40周年鎌倉大作戦!! JUMP EXPO’08 ジャンプアイランド」や「キャラホビ2008」の東映ビデオブースなどで行われていく。
 さらに、bjリーグが子どもたちを対象に行う「フレンドクリニック」でも、シュートに参加することができる。「フレンドクリニック」は所属12チームの本拠地他で開催される。

SLAM DUNK 20000 PROJECT 公式サイト
/http://www.toei-video.co.jp/DVD/sp21/slamdunkcollection.html

「SLAM DUNK DVD-Collection VOL.1」
発売日: 2008年8月8日(初回限定生産)
発売元: 東映アニメーション・東映ビデオ
価格: 15750円(税込)
仕様: 本編695分(5枚組30話収録)
封入特典: 特製ミニユニフォーム 湘北・白「10」桜木花道バージョン(DESCENTE 製)/解説書
*「VOL.2」2008 年9月21日、「VOL.3」2008 年10月21日発売予定(全3巻)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集