クレヨンしんちゃん×NMB48白間美瑠、卒業記念コラボグッズ発売「お尻ぶりぶり、サイコーじゃないですかー!?」 | アニメ!アニメ!

クレヨンしんちゃん×NMB48白間美瑠、卒業記念コラボグッズ発売「お尻ぶりぶり、サイコーじゃないですかー!?」

NMB48・白間美瑠が、保育園の時から愛してやまない『クレヨンしんちゃん』とコラボレーション。

ニュース
注目記事
クレヨンしんちゃん×NMB48白間美瑠(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK(C)NMB48
  • クレヨンしんちゃん×NMB48白間美瑠(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK(C)NMB48
  • クレヨンしんちゃん×NMB48白間美瑠(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK(C)NMB48
  • クレヨンしんちゃん×NMB48白間美瑠 卒業記念コラボグッズ(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK(C)NMB48
 NMB48・白間美瑠が、保育園の時から愛してやまない『クレヨンしんちゃん』とコラボレーション。『NMB48 白間美瑠 卒業コンサート~みるるん、さるるん、ありがとう~』(大阪城ホール)にて、記念コラボグッズが発売される。

 白間は、NMB48最後の1期生。握手会やSNS、さらにはテレビ番組にて、その“しんちゃん愛”を伝え続けてきた。本グッズは、白間本人もデザイン・監修を行い、NMB48初期の衣装を着ていたり、卒業コンサートのタイトルにもなっている「お猿さん」の衣装に身を包んでいたりと、本人も「大満足」のこだわりぶり。

 本コラボレーショングッズは、7月17日17時を皮切りに、「NMB48 OFFICIAL GOODS STORE」特設ページ他にて、順次受注販売開始。詳細は、白間美瑠のYouTubeチャンネル「みるるんチャンネル」で公開されている。この度、本人より少し長めの熱いコメントが到着したので紹介する。

NMB48白間美瑠コメント
「私が保育園の時に、テレビでしんちゃんに出会いました。そこからは朝、絶対に録画したしんちゃんを観て、保育園に行ってました。昔観ていた時は、本当にお尻歩きが出来るのか友達とやってみたり、しんちゃんがやる事すべてをマネて、遊んでいたり(笑)。

しんちゃんより大人になったいま、しんちゃんの純粋で、素直で、強くて優しい気持ちに勇気をもらっています。さらに自分が思うがままに行動して人生を楽しんでいて、一見わがままに見えるのかもだけど、そこには思いやりがあって家族思い、仲間への思いがあって。それが強いからこそしんちゃんに沢山の人がついてきてくれる! しんちゃんだけじゃなくて、お母さんやお父さんの愛もすごく実感できるし、当たり前だと思ってる事が本当はすごく幸せな事で、感謝を忘れない心も学びました。いつしか、私の夢はしんちゃんみたいな生き生きとした子供を産むことになりました(笑)。

だって、お尻ぶりぶり、サイコーじゃないですかー!?

今回、いろんなコラボグッズを作らせていただいたのですが、どストライク、ど真ん中の仕上がりです! 沢山、わがままを聞いていただき、最高のグッズを作ることができました! まさかしんちゃんからお花をもらえるなんて……そして、自分自身がしんちゃんのキャラクターになっていて……大好きなお猿さんにも(泣)。そしてNMB48愛あふれる制服(大泣)も、可愛いすぎです……。どれかは選べません。ぜひ全部ゲットしてほしいって心から思います」

NMB48 白間美瑠

【クレヨンしんちゃん】
超マイペースな 嵐を呼ぶ5歳児 野原しんのすけと、その家族を中心に巻き起こるドタバタコメディ。2020年には原作コミックの連載開始から30周年を迎え、テレビアニメ(テレビ朝日系 毎週土曜17時30分~)、映画と幅広く展開している。現在、その人気は日本だけではなく海外にも広がっている。「映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園」が7月30日(金)より全国の東宝系劇場にて公開。

【白間美瑠(しろま みる)】
1997年10月14日生まれ、大阪府出身。NMB48の1期生。今年3月にNMB48卒業を発表。保育園の頃から『クレヨンしんちゃん』の大ファンで、アニメや映画はもちろん、握手会にはしんちゃんパジャマで登場したりと公私にわたって、発信してきた。ニックネームはみるるん。8月15日に『NMB48 白間美瑠 卒業コンサート~みるるん、さるるん、ありがとう~』(大阪城ホール)を開催する。

(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK
(C)NMB48

クレヨンしんちゃん×NMB48白間美瑠、卒業記念コラボグッズ発売「最高のグッズを作ることができました!」

《M.TOKU》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集