「MARS RED」大正十二年、前田義信は“ヴァンパイア”になった帝劇の舞台女優・岬と出会う #1先行カット | アニメ!アニメ!

「MARS RED」大正十二年、前田義信は“ヴァンパイア”になった帝劇の舞台女優・岬と出会う #1先行カット

TVアニメ『MARS RED』より、2021年4月5日(月)放送開始の#1「陽のあたる場所」のあらすじ・先行場面カットが公開された。

ニュース
注目記事
『MARS RED』#1「陽のあたる場所」先行場面カット(C)藤沢文翁/SIGNAL.MD/MARS RED製作委員会
  • 『MARS RED』#1「陽のあたる場所」先行場面カット(C)藤沢文翁/SIGNAL.MD/MARS RED製作委員会
  • 『MARS RED』#1「陽のあたる場所」先行場面カット(C)藤沢文翁/SIGNAL.MD/MARS RED製作委員会
  • 『MARS RED』#1「陽のあたる場所」先行場面カット(C)藤沢文翁/SIGNAL.MD/MARS RED製作委員会
  • 『MARS RED』#1「陽のあたる場所」先行場面カット(C)藤沢文翁/SIGNAL.MD/MARS RED製作委員会
  • 『MARS RED』キービジュアル第3弾(C)藤沢文翁/SIGNAL.MD/MARS RED製作委員会
TVアニメ『MARS RED』より、2021年4月5日(月)放送開始の#1「陽のあたる場所」のあらすじ・先行場面カットが公開された。

『MARS RED』キービジュアル第3弾(C)藤沢文翁/SIGNAL.MD/MARS RED製作委員会
『MARS RED』キービジュアル【画像クリックでフォトギャラリーへ】
『MARS RED』は、オリジナル音楽朗読劇から初のTVアニメ化作品だ。音楽朗読劇の第一人者・藤沢文翁が原作、『曇天に笑う』の唐々煙がキャラクター原案、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の藤咲淳一がシリーズ構成・脚本を担当。
大正時代を舞台に、日本政府が配備した対ヴァンパイア機関「第十六特務隊」(通称:零機関)の物語を描く。


#1「陽のあたる場所」場面カット【画像クリックでフォトギャラリーへ】
#1のタイトルは「陽のあたる場所」。
大正十二年・初夏の太陽眩しい東京駅に降り立つ前田義信を迎えにきたのは第十六特務隊の森山だった。森山は中島中将の命令で前田を月島の施設へと誘った。前田がそこで見たものは、女王サロメの台詞を高らかに放つヴァンパイアの姿だった。 ヴァンパイアは帝劇の舞台女優の岬であり、彼女をこのようにしたヴァンパイアが何者なのかを前田は追い始める。だが捜査の中、前田の耳に岬が月島から脱走したと連絡が入って―――。


#1「陽のあたる場所」場面カット【画像クリックでフォトギャラリーへ】
『MARS RED』#1「陽のあたる場所」は、2021年4月5日より読売テレビほかにて放送開始。

【放送情報】
読売テレビ 2021年4月5日より毎週月曜日25:59~
TOKYO MX  2021年4月7日より毎週水曜日22:00~
中京テレビ 2021年4月8日より毎週木曜日25:37~
BSフジ   2021年4月7日より毎週水曜日24:30~
CSファミリー劇場 2021年4月11日より 毎週日曜日 23:30~
※放送時間は変更になる可能性があります

◆キャスト
栗栖秀太郎(CV:畠中祐)
前田義信(CV:諏訪部順一)
山上徳一(CV:山寺宏一)
タケウチ(CV:石田彰)
スワ(CV:鈴村健一)
中島 宗之助(CV:家中宏)
白瀬 葵(CV:折笠富美子)
デフロット(CV:沢城みゆき)
岬(CV:高垣彩陽)
ルーファス・グレン(CV:古川慎)
天満屋慎之助(CV:國立幸)

◆スタッフ  
原作:藤沢文翁
監督:羽多野浩平
シリーズ構成・脚本:藤咲淳一
キャラクター原案:唐々煙
キャラクターデザイン:竹内由香里
音響監督:藤沢文翁
音楽:村中俊之
アニメーション制作:SIGNAL.MD

(C)藤沢文翁/SIGNAL.MD/MARS RED製作委員会
《CHiRO★》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集