ディズニー最新作「ラーヤと龍の王国」“孤独な救世主”ラーヤは異色のヒロイン!? 新場面写真が公開 | アニメ!アニメ!

ディズニー最新作「ラーヤと龍の王国」“孤独な救世主”ラーヤは異色のヒロイン!? 新場面写真が公開

『アナと雪の女王』や『モアナと伝説の海』のディズニー・アニメーション最新作となる『ラーヤと龍の王国』より、“孤独な救世主”ラーヤの異色のヒロインぶりがうかがえる新たな場面写真が公開された。

ニュース
注目記事
『ラーヤと龍の王国』場面カット(C)2021 Disney. All Rights Reserved.(C)2021 Disney and its related entities
  • 『ラーヤと龍の王国』場面カット(C)2021 Disney. All Rights Reserved.(C)2021 Disney and its related entities
  • 『ラーヤと龍の王国』メインビジュアル(C)2021 Disney. All Rights Reserved.(C)2021 Disney and its related entities
『アナと雪の女王』や『モアナと伝説の海』のディズニー・アニメーション最新作となる『ラーヤと龍の王国』より、“孤独な救世主”ラーヤの異色のヒロインぶりがうかがえる新たな場面写真が公開された。

『ラーヤと龍の王国』メインビジュアル(C)2021 Disney. All Rights Reserved.(C)2021 Disney and its related entities
『ラーヤと龍の王国』メインビジュアル
『ラーヤと龍の王国』の舞台である龍の王国クマンドラは、かつては聖なる龍たちに守られ、龍と人とが共存する平和な王国だった。
しかし、突如現れた邪悪な魔物ドルーンとの戦いによって、すべての龍が犠牲に。残された人々は信じあう心を失い、王国は分断されてしまった。

そこで、聖なる龍の力が宿るという「龍の石」の守護者一族の娘であるラーヤは、唯一生き長らえたという“最後の龍”の力を蘇らせ、バラバラになった世界を再びひとつにするため、王国の最後の希望としてひとり旅立つことになる。


ラーヤは、幼い頃のある出来事により父を失い、他人を信じることをやめたった1人で生きてきた少女だ。
ディズニーのヒロインの中には、親を亡くすなどして孤独に生きてきたヒロインは他にもいるが、家族や仲間の助けもなくたった1人で魔物を倒すための旅を続けるラーヤは、まさに異色のヒロインと言える。

このたび到着した新たな場面写真は、そんなラーヤの強さとその裏にある孤独や悲しみを表すような、クールで強い眼差しや影のある表情が印象的なもの。
既に公開されている特報映像では、彼女はアクロバティックなアクションも披露しているだけに、悲しみを乗り越えて孤独と戦いながらも世界を救おうとする、かつてないヒロインの誕生に期待できそうだ。

『ラーヤと龍の王国』
3月5日(金)映画館 and ディズニープラス プレミア アクセス 同時公開
※プレミア アクセスは追加支払いが必要です。
原題:Raya and the Last Dragon
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
監督:ドン・ホール(『ベイマックス』他)、カルロス・ロペス・エストラーダ(『ブラインドスポッティング』)
製作:オスナット・シューラー(『モアナと伝説の海』)、ピーター・デル・ヴェッコ(『アナと雪の女王』シリーズ)

(C)2021 Disney. All Rights Reserved.(C)2021 Disney and its related entities
《仲瀬 コウタロウ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集