「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」“初号機”がフィギュア化!48か所可動と豊富なギミックで遊び尽くせ | アニメ!アニメ!

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」“初号機”がフィギュア化!48か所可動と豊富なギミックで遊び尽くせ

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』より「エヴァンゲリオン初号機」が、threezeroの「ロボ道」シリーズで可動アクションフィギュア化。「GOODSMILE ONLINE SHOP」ほかにて予約受付を開始した。

ニュース
「ロボ道 エヴァンゲリオン初号機」17,600円(税込)(C)khara
  • 「ロボ道 エヴァンゲリオン初号機」17,600円(税込)(C)khara
  • 「ロボ道 エヴァンゲリオン初号機」17,600円(税込)(C)khara
  • 「ロボ道 エヴァンゲリオン初号機」17,600円(税込)(C)khara
  • 「ロボ道 エヴァンゲリオン初号機」17,600円(税込)(C)khara
  • 「ロボ道 エヴァンゲリオン初号機」17,600円(税込)(C)khara
  • 「ロボ道 エヴァンゲリオン初号機」17,600円(税込)(C)khara
  • 「ロボ道 エヴァンゲリオン初号機」17,600円(税込)(C)khara
  • 「ロボ道 エヴァンゲリオン初号機」17,600円(税込)(C)khara
映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』より「エヴァンゲリオン初号機」が、threezeroの「ロボ道」シリーズで可動アクションフィギュア化。「GOODSMILE ONLINE SHOP」ほかにて予約受付を開始した。


【画像をクリックしてフォトギャラリーへ】
全高約25cmで立体化された本フィギュアでは、亜鉛合金ダイキャスト製のフレームの採用により48か所の可動ポイントを実現。threezeroの得意とする精密な塗装が、ハイディテールな造形を際立たせている。また、フィギュアのグリーン色部と目には蓄光塗装が施されており、暗闇で発光する仕様となった。


【画像をクリックしてフォトギャラリーへ】
また、本商品にはプレイアビリティを向上させる様々なギミックも搭載。ヘッドパーツは通常のものと、覚醒状態の2種類が付属。通常のヘッドパーツは顎が開閉可能となっている。左肩パーツも通常パーツと、プログレッシブナイフ・ホルダー展開状態のものが交換式で用意された。エントリープラグのカバーも開閉可能で、中のエントリープラグを露出することもできる。充実の可動ポイントと合わせて、手元で劇中のシーンを再現しよう。

「 ロボ道 エヴァンゲリオン初号機」の価格は17,600円(税込)で、「GOODSMILE ONLINE SHOP」ほかにて予約受付中。発売は2020年9月を予定している。

ロボ道 エヴァンゲリオン初号機
発売月:2020 年 9 月
価格:16,000 円(税抜)/17,600 円(税込)
仕様:ABS&PVC&POM&亜鉛合金製塗装済み可動フィギュア ・ノンスケール
全高:約25cm(肩パーツ含む)
原型制作:threezero
発売:threezero
販売:グッドスマイルカンパニー

(C)khara
《松本 翼》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集