映画「名探偵ピカチュウ」もう観に行った? ポケモンファンが喜ぶ“12のポイント”をご紹介【特集】 | アニメ!アニメ!

映画「名探偵ピカチュウ」もう観に行った? ポケモンファンが喜ぶ“12のポイント”をご紹介【特集】

映画『名探偵ピカチュウ』の魅力を12項目でピックアップ!

ニュース
映画『名探偵ピカチュウ』ポケモンファンが喜ぶ12のポイント
  • 映画『名探偵ピカチュウ』ポケモンファンが喜ぶ12のポイント
  • 映画『名探偵ピカチュウ』ポケモンファンが喜ぶ12のポイント
  • 映画『名探偵ピカチュウ』ポケモンファンが喜ぶ12のポイント
  • 映画『名探偵ピカチュウ』ポケモンファンが喜ぶ12のポイント
  • 映画『名探偵ピカチュウ』ポケモンファンが喜ぶ12のポイント
  • 映画『名探偵ピカチュウ』ポケモンファンが喜ぶ12のポイント
  • 映画『名探偵ピカチュウ』ポケモンファンが喜ぶ12のポイント
  • 映画『名探偵ピカチュウ』ポケモンファンが喜ぶ12のポイント

2019年5月3日より映画『名探偵ピカチュウ』が公開されました。ポケモンがなんとハリウッドで映画化、さらにピカチュウがもふもふになって、ほかのポケモンたちも妙にリアルに! 予告映像などを見て驚いた方も多いのではないでしょうか。

この作品、ポケモンに思い入れがある人ならばきっと気にいることでしょう。具体的にどこが魅力なのか、12項目に分けて簡単に説明いたします。

◆1.ピカチュウは生意気だけどかわいい



この映画に出てくるピカチュウはちょっとヘン。なぜか主人公のティムと会話できますし、コーヒーが大好きなカフェイン中毒ポケモンで、ついでにしわしわな顔になったりすることもあります。

まるで中身がおっさんになったかのようなピカチュウですが、それでもやはり動きはとても愛らしいのです。ぜひ大きな画面で「おっさん声なのにかわいいピカチュウ」を堪能してください。そのギャップがたまりません。

◆2.ほかのポケモンたちもほどよい具合にキモかわいい



ほかのポケモンたち、たとえばカビゴンやゼニガメなどもリアル寄りの描写になっており、毛が生えているポケモンはふさふさで、そうでないポケモンはぬめぬめな感じになっています。

はじめて見た時は抵抗があるかもしれませんが、慣れればたぶん大丈夫! デメリットよりもポケモンたちが生き生きしている部分に目が行くはずです。

◆3.『ミュウツーの逆襲』を意識していると思しきシーンがある



冒頭のシーンやミュウツーがキーパーソン(キーポケモン?)として登場するあたり、どうやら『ミュウツーの逆襲』をオマージュしているかのようなのです。『ミュウツーの逆襲』は2019年夏にリメイクされますし、昔からのファンにとっても嬉しい要素ですよね。

『名探偵ピカチュウ』は確かにハリウッド映画ですが、他のポケモン作品をリスペクトしていることがところどころで確認できます。そういう細かい部分に気づけるとより楽しいですよ。

◆4.ポケモンたちの特徴が活かされている



ヒトカゲは炎を活かして料理の手伝いをし、ドゴームは音楽を鳴らし、ウォーグルは高所作業員に荷物を届ける! これぞポケモンと人間が共生している世界で、映画ではそういうシーンがいくつもあるのです。

「自分の好きなポケモンと一緒に過ごしたらこんなことになるだろう!」という世界が描かれるのが、この作品の魅力。ポケモン好きにとっては夢のような映画ですよね。

次のページ:いろいろなポケモンが出るけど、一番ヤバいのは「バリヤード」!?

映画『名探偵ピカチュウ』ポケモンファンが喜ぶ12のポイント

《すしし》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集