「マクロス」バトロイド形態の大型立像も登場!シリーズ35周年企画展開催 | アニメ!アニメ!

「マクロス」バトロイド形態の大型立像も登場!シリーズ35周年企画展開催

TVアニメ『超時空要塞マクロス』の放送35周年および『マクロスF』の放送10周年を記念し、宝塚市立手塚治虫記念館にて「MACROSS:THE ART 1982-2018」が6月29日(金)から10月29日(月)まで開催される。

ニュース
「MACROSS:THE ART 1982-2018」メインビジュアル(C)2007 ビックウエスト/マクロス F 製作委員会・MBS
  • 「MACROSS:THE ART 1982-2018」メインビジュアル(C)2007 ビックウエスト/マクロス F 製作委員会・MBS
TVアニメ『超時空要塞マクロス』の放送35周年および『マクロスF』の放送10周年を記念し、宝塚市立手塚治虫記念館にて「MACROSS:THE ART 1982-2018」が6月29日(金)から10月29日(月)まで開催される。

企画展示室では『超時空要塞マクロス』『超時空要塞マクロスII -LOVERS AGAIN-』『マクロスプラス』『マクロス7』『マクロスゼロ』『マクロスF』『マクロス△』などのマクロスシリーズ作品から350点以上のアイテムがビジュアルアートを中心に展示される。

『劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~』の主役機であるYF-29デュランダルのバトロイド形態の大型立像や、『マクロスF』オープニング原画、今回のイベントに合わせて『マクロスF』キャラクターデザインの江端里沙が描き下ろしたキービジュアルのパネルなどが展示となる。
さらに、各シリーズの貴重な初展示資料など、歴代のマクロスシリーズの作品世界に十二分に触れられるイベントとなっている。

また、近隣の飲食店8店舗にて、シリーズ作品のキャラクターや歌をイメージしたコラボメニューの提供が実施。メニューを購入するとノベルティのコースターが数量限定でプレゼントされる。

「MACROSS:THE ART 1982-2018」概要
【主 催】:宝塚市・宝塚市教育委員会
【後 援】:Kiss FM KOBE・エフエム宝塚
【会 場】:手塚治虫記念館(武庫川町7番65号 JR・阪急宝塚駅、阪急宝塚南口駅)
【会 期】:2018年6月29日(金)~2018 年10月29日(月)
【開館時間】:9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)
【休 館 日】:毎週水曜(ただし、7月25日・8月中は開館)
【入 館 料】:大人 700 円(560円)、中高生 300 円(240円)、小学生 100 円(80円)
※( )は10人以上の団体料金


(C)2007 ビックウエスト/マクロス F 製作委員会・MBS
《松本 翼》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集