「ガンダム サンダーボルト」初日舞台挨拶に中村悠一ら登壇 タイトルの意味も明らかに | アニメ!アニメ!

「ガンダム サンダーボルト」初日舞台挨拶に中村悠一ら登壇 タイトルの意味も明らかに

ニュース

『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』は11月18日、新宿ピカデリーにて初日舞台挨拶を開催した。当日はイオ・フレミング役の中村悠一をはじめ、ダリル・ローレンツ役の木村良平、ビアンカ・カーライル役の古川由利奈、監督を務めた松尾衡、プロデューサーの小形尚弘らが登壇。監督よりタイトル“BANDIT FLOWER”の意味も明かされた。

初日を迎えた感想としては、木村が「ようやく皆さんに劇場で観てもらえて嬉しいです!」と語ったほか、中村は「なかなかスクリーンで観られる機会はないと思います。僕も大きいスクリーンで観て気づくことがたくさんありました」とコメント。古川は「無事上映初日を迎えられて嬉しいです。何度でも観ていただけたらと思います!!」と喜びを寄せた。

また松尾監督は作品タイトルについて「震災後、被災地に行った経験から思い浮かびました。人がいなくなった場所でも花がどんどん咲き広がっていく様子が、戦争が終わっても、まだ自分たちのテリトリーを広げていく人たちとかけられないかと考えました」と言及。「花のように進んで行く人たちということで「BANDIT FLOWER」です! 実は、今回出てくる花とか背景の色も花言葉とかけているんです。実は、ダリルが乗っているアッガイのレーダー機も花のように開くデザインになってます!」と明かした。

前作からの心境の変化については、木村が「ダリルは隊長という立ち位置でより賑やかに取り組むことができました!部下たちとの掛け合いのシーンは面白い。ビリーみたいに反抗する部下もいたり、そこはダリルもちょっとイラついてるなと思いました(笑)」とコメント。中村は「ライバル(ダリル・ローレンツ)不在の状態で戦うのは難しかったです。でも今作ではお互い新しくパートーナーができますからね。あと、ついに「サンダーボルト」にもニュータイプ演出が入った!って瞬間があって、僕じゃないんですけど「いいな、カッコいいな」って思いました!本来なら主役がやるところを…」と述べた。

お気に入りのシーンには、木村が「アッガイダンス」を挙げ「ポップな曲で入ったところから、シリアスな展開に変わって行くところがすごい!」と指摘。中村は「アトラスの戦闘シーンは新作カットが増えていて、ようやくイオらしさがでてくるのでよかったです!」といい、松尾監督は「菊地成孔さんは僕のイメージを飛び越えた曲を作ってくださって…。でも「串本節」が送られてきた時はどうしようかと思いましたよ(笑)」と笑った。

最後には小形プロデューサーが「本作では、イオとダリルは会えてないんですよね。今は焦らしている最中なので、二人が次会った時に喜びが爆発するんじゃないですかね(笑)皆さんがたくさん観ていただければ僕らも頑張れますので応援よろしくお願いします」と呼びかけ、舞台挨拶が幕を閉じた。

『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』
同時上映『機動戦士ガンダム Twilight AXIS 赤き残影』
11/18(土)より、全国15館にて劇場上映中!!(2週間限定)
配給:松竹

(C)創通・サンライズ
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集