「将国のアルタイル」第2クールの主題歌はCIVILIAN、CHEMISTRYが担当 | アニメ!アニメ!

「将国のアルタイル」第2クールの主題歌はCIVILIAN、CHEMISTRYが担当

ニュース

7月よりMBS/TBS/BS-TBSほか“アニメイズム”枠にて放送中、9月からは第2クールへと突入するテレビアニメ『将国のアルタイル』の、オープニングとエンディングを彩る新アーティストが発表された。

新オープニングテーマを手がけるのは、2016 年にメジャーデビューしたスリーピースロックバンド、CIVILIAN。
楽曲のタイトルは「赫色 -akairo-」。シングルCDは11月8日の発売を予定している。

CIVILIANは「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016」へ出演するなどロックファンから熱い支持を得る一方で、ヴォーカル&ギターのコヤマヒデカズはボーカロイドプロデューサー“ナノウ”としても活躍する、幅広い音楽を取り込んでいるバンドである。

バンドからは「第2クールのオープニングテーマを歌わせて頂けること、 第1クールのシドさんからオープニングのバトンを受け取れることをとても嬉しく思います」とのコメントが発表。
楽曲については「異国情緒溢れるエスニックで妖艶な世界観に、 僕の言葉とバンドの音でひとつ花を添えられたらいいな、と思いながら作っていたらこんな曲になりました」とアピールしている。

そしてエンディングテーマは、5年間の休止を経て2017年に活動を再開したCHEMISTRYの新曲「Windy」に決定した。こちらを収録したCDは11月15日に発売予定だ。
メンバーの川畑要は5年間の休止期間を振り返り「ソロ活動をしたからこその出会いがあり、その出会いによって自分達も更に成長出来た気がします」とコメント。
さらに「『将国のアルタイル』も、 若く才能がある主人公が挫折や葛藤を味わいながらも、様々な人達と出会う中で、 成長していくアニメだと思いました」と、自分たちと作品を重ね合わせている。

両楽曲とも第2クールとなる第14話よりオンエア予定。佳境を迎えたストーリーとともに、楽曲の内容にも注目したい。

(C)カトウコトノ・講談社/将国のアルタイル製作委員会
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集