「コードギアス 反逆のルルーシュ I 興道」10月21日全国公開 ティザービジュアルも発表 | アニメ!アニメ!

「コードギアス 反逆のルルーシュ I 興道」10月21日全国公開 ティザービジュアルも発表

ニュース

「コードギアス 反逆のルルーシュ」シリーズの劇場総集編全3部作の最新情報が明らかになった。第1部のタイトルは『コードギアス 反逆のルルーシュI 興道(こうどう)』に決定し、10月21日に全国79館にて公開される。

劇場総集編全3部作はシリーズ全50話に新作カットを加えて再構成した作品である。オリジナルスタッフが再集結し、全編新規アフレコを行うことで早くも注目を集めている。
このたび、3部作の正式タイトルと公開日が決定した。第1部は『コードギアス 反逆のルルーシュI 興道』となり、2017年10月21日に全国ロードショー。第2部は『コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道(はんどう)』で2018年2月、第3部は『コードギアス 反逆のルルーシュIII 皇道(おうどう)』で2018年5月公開予定となっている。

最新情報の公開にあわせて、ティザービジュアルと第1部の特報も完成した。第1部のビジュアルには主人公のルルーシュ・ランペルージが不敵な笑みで手を振りかざす様子が描かれている。赤と黒のコントランスがスタイリッシュな仕上がりとなった。
7月29日からは第1部のムビチケの販売がスタート。特典としてティザービジュアルを用いたA4クリアファイルが付属する。価格は1500円(税込)だ。同日からは全国の劇場にて特報の上映もスタートする。

そして新企画『コードギアス 復活のルルーシュ』のティザーサイトもオープン。監督の谷口悟朗と脚本の大河内一楼がコメントを発表している。
谷口は「ルルーシュが生きていてまた新しいお話が始まるのかどうか、ということが一番気になっている点だと思います。『R2』の後の時代になりますので、時間軸自体はそのまま続いています。ここは間違いないです。まずは総集編3部作、そしてその先にありますネクスト・プロジェクト『復活のルルーシュ』こちらに全力をあげて取り組んでいきたいと思います」と意気込みのコメント。大河内は「『コードギアス』を愛してくれた皆さんのおかげで、ゲームや本、フィギュアなど色々なものに広がって、10年間続いて、本当にありがたいことだと思います。『復活のルルーシュ』の主人公はルルーシュです。別世界のルルーシュですとか偽物のルルーシュです。ということにはしません。『R2』の続編ととらえていただいて大丈夫です。あの結末からどうなってそうなるかは作品をお待ちください」とメッセージを寄せた。

『コードギアス 反逆のルルーシュI 興道(こうどう)』 2017年10月21日(土)公開
『コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道(はんどう)』 2018年2月公開
『コードギアス 反逆のルルーシュIII 皇道(おうどう)』 2018年5月公開

(c)SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design (c)2006-2017 CLAMP・ST
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集