「キンケシ」がスケールアップ!「ガシャポン40周年」ステージレポ【おもちゃショー2017】 | アニメ!アニメ!

「キンケシ」がスケールアップ!「ガシャポン40周年」ステージレポ【おもちゃショー2017】

ニュース

「キンケシ」がスケールアップ!「ガシャポン40周年」ステージレポ【おもちゃショー2017】
  • 「キンケシ」がスケールアップ!「ガシャポン40周年」ステージレポ【おもちゃショー2017】
  • 「キンケシ」がスケールアップ!「ガシャポン40周年」ステージレポ【おもちゃショー2017】
  • 「キンケシ」がスケールアップ!「ガシャポン40周年」ステージレポ【おもちゃショー2017】
  • 「キンケシ」がスケールアップ!「ガシャポン40周年」ステージレポ【おもちゃショー2017】
  • 「キンケシ」がスケールアップ!「ガシャポン40周年」ステージレポ【おもちゃショー2017】
  • 「キンケシ」がスケールアップ!「ガシャポン40周年」ステージレポ【おもちゃショー2017】
  • 「キンケシ」がスケールアップ!「ガシャポン40周年」ステージレポ【おもちゃショー2017】
  • 「キンケシ」がスケールアップ!「ガシャポン40周年」ステージレポ【おもちゃショー2017】
6月1日から6月4日にかけて、東京ビッグサイトで開催される国内最大級の玩具見本市「東京おもちゃショー2017」。バンダイブースでは、「ガシャポン」の40周年を記念したステージが行われた。

『キン肉マン』の主題歌を担当した串田アキラのライブで華々しくスタートした本イベント。串田が迫力のある歌声で会場を盛り上げると、続いてプロレスラーにしてアイドルの才木玲佳、お笑いコンビ・よゐこの濱口優が登場。
40周年を迎えたガシャポンと、その中でも特に人気が高かった『キン肉マン』のフィギュア「キンケシ」のトークを展開した。

まずは約10年ぶりとなる「キンケシ」の最新作が6月下旬より発売となることが明かされると、ステージではシリーズが始まった1980年代の話題で盛り上がる。
濱口は当時小学生から中学生で、「学校全体でブームになっていました」と当時を振り返る。当然濱口も収集しており、ダブったのを交換するなど、コレクションを楽しんでいたそうだ。
さらにスクリーンでは原作者・ゆでたまごのビデオメッセージも公開。ビデオでは「ガシャポン」40周年に対する祝福のメッセージを送るとともに、「キンケシ」については「子供たちの行列を見て驚いた」と思い出を語っていた。

会場に設置されていた「巨大スーパーメガガシャポン」を才木が回すと、中からはバッファローマンのキンケシが登場する。
これは6月に登場する最新バージョンで、サイズがスケールアップし、かつての40mmから45mmになっている。それを見た濱口も「確かに造詣が見やすくなってますね」とクオリティの高さを絶賛。

また濱口には「才木が好きなプロレスの技は?」というクイズが出題されるも、残念ながら不正解。
正解はタワーブリッジとのことで、罰ゲームとして才木からタワーブリッジを実際に受けることに。小柄な才木だったが濱口を見事に持ち上げると、濱口は痛がりながらも「めちゃくちゃ安定感ある!」と褒め称えていた。

そんな濱口も巨大ガシャポンを回すと、中からは自身がテレビ企画で考えた「ミスターUSB」がキンケシになって登場。自分が考案した超人がキンケシになるのは「子供のころからの夢でした」と喜んでいる様子だった。
こちらはプレミアムバンダイにて予約受付中の「キンケシプレミアム Vol.3」に収録されている。
同じくプレミアムバンダイで販売が予定されている「超デカキンケシ」も初公開。全高約450mmの本商品は、6月2日より予約受付が始まり、商品の発送は12月下旬予定となっている。

最後に才木は自身が好きなロビンマスクを引き合いに出し「ロビンマスクのように強くなっていきたいです」と熱く語ると、濱口は「上京するとき、バッグにキンケシを詰め込んできたんです。当時の自分に、このステージに立っていることを教えてあげたいですね」と感慨深く話し、イベントは幕を閉じた。

東京おもちゃショー2017
開催日時:
商談見本市 2017年6月1日(木)~2日(金)
一般公開 6月3日(土)~4日(日)
場所:東京ビッグサイト
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集