舞台「東京喰種」正式タイトル決定 メインキャラのビジュアルが出揃う | アニメ!アニメ!

舞台「東京喰種」正式タイトル決定 メインキャラのビジュアルが出揃う

ニュース 2.5次元

舞台『東京喰種トーキョーグール』の正式タイトルが「舞台『東京喰種トーキョーグール』~或いは、超越的美食学をめぐる瞑想録~」に決定した。新たなキャラクタービジュアルも公開され、原作を忠実に再現している。

今回発表されたのは、ウタ役の村田充、四方蓮示役の吉田友一、芳村役の加藤忠可、イトリ役の富田麻帆の4名だ。髪の毛の色まで原作通りで、サスペンス・ホラーの世界観を表現した。
すでに主人公・金木研役の松田凌をはじめ、西尾錦役の鈴木勝吾、霧嶋董香役の田畑亜弥、西野貴未役の山谷花純、月山習役の佐々木喜英のビジュアルは公開されている。これでメインキャラ9名はすべて出揃った。キービジュアルではカネキが左目に手をやる姿も再現しており、原作ファンの期待が膨らむ仕上がりとなった。

「舞台『東京喰種トーキョーグール』~或いは、超越的美食学をめぐる瞑想録~」は6月29日から7月4日まで東京のシアター1010、7月8日と9日の二日間は、大阪の梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて上演される。ローソンチケットでは5月21日までプレリクエスト先行受付中。6月3日10時からは一般発売がスタートする。価格は7900円(税込)。
『東京喰種トーキョーグール』は2011年から2014年にかけて、石田スイが「週刊ヤングジャンプ」にて連載していたマンガが原作。現在は続編『東京喰種トーキョーグール:re』が連載中だ。2014年にはテレビアニメの放送がスタート。2015年には第2期もオンエアされた。舞台版は2015年7月に第1弾が上演され、世界観の再現度の高さが話題を集めた。

「舞台『東京喰種トーキョーグール』~或いは、超越的美食学をめぐる瞑想録~」
東京公演:6月29日(木)~ 7月4日(火)シアター1010
大阪公演:7月8日(土)~9日(日) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

(c)石田スイ/集英社 (c)舞台『東京喰種トーキョーグール』製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集