GWは何を観る?アニメファンにおすすめの映画作品まとめ | アニメ!アニメ!

GWは何を観る?アニメファンにおすすめの映画作品まとめ

ニュース

4月29日よりゴールデンウィーク(GW)がいよいよスタートします。4月は注目の映画も続々公開され、GWに見に行こうという人も多いでしょう。そこで、アニメ!アニメ!ではGW期間中も公開されている、アニメファンへおすすめしたい映画の一覧を作成しました。何を見に行こうか迷っている方は、ぜひご参考にしてください!

『名探偵コナン から紅の恋歌』
劇場版第21作には西の高校生探偵・服部平次が登場。コナンとタッグを組み、百人一首にまつわる謎を解き明かす。平次の婚約者を名乗る少女・大岡紅葉も現われて、幼馴染・遠山和葉と恋のバトルを展開。ミステリー以外の要素も盛り沢山だ。

『夜は短し歩けよ乙女』
『四畳半神話大系』を手がけた湯浅政明監督が森見登美彦のベストセラー小説を再び映像化。酒、本、演劇、風邪をモチーフに、先輩と黒髪の乙女が巻き込まれた怒涛の一夜を描く。『四畳半』のキャラクターも登場し、眠らない街・京都を彩っていく。

『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』
今年のテーマはロードムービー! 謎の宇宙人・シリリと出会ったしんのすけが、カスカベから九州まで日本縦断の大冒険へ出発。アニメ25周年記念作品のため、これまでの映画オリジナルキャラがカメオ出演しているのもポイント。

『無限の住人』:4月29日公開
「月刊アフタヌーン」連載の時代劇マンガを実写映画化。不死身の男・万次役には木村拓哉、監督には『十三人の刺客』の三池崇史を起用。1対300人のド派手な殺陣が時代劇の常識を打ち破る。

『ReLIFE リライフ』
マンガアプリ「comico」連載の人気作がアニメ、舞台に続いて実写映画に。若返りの薬を飲んだ主人公・海崎新太が27歳から17歳になって、1年間限定で高校生活をやり直す青春ストーリー。ニートだった新太は人生をやり直せるのか?

『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』
2017年秋スタートのTVアニメ最新作を先行上映。2014年に放送された本編の前日譚にあたり、世界を守る勇者に選ばれた小学六年生・鷲尾須美の運命が描かれる。TVアニメは前半が本作、後半は本編の続編「-勇者の章-」となる。

『劇場版 Free! Timeless Medley 絆』
TVアニメシリーズに新規カットを加え、全2部作として劇場アニメ化。岩鳶高校水泳部の熱い青春の日々を今一度楽しめる。7月1日には第2部「約束」、今秋には続編『特別版 Free! -Take Your Marks-』が公開予定。

『映画 かみさまみならいヒミツのここたま -奇跡をおこせ♪ テップルとドキドキここたま界-』:4月28日公開
モノに宿った神様・ここたまと小学生の女の子・四葉こころの触れ合いを描いた人気アニメシリーズ。初の劇場版では、見習いここたまたちにとって憧れの場所・ここたま界を舞台に大騒動を巻き起こしていく。同時上映は『映画たまごっち ヒミツのおとどけ大作戦!』。

『劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』:5月6日公開
シリーズ累計6000万部を超えるアクションファンタジーの劇場アニメ第2弾。原作者・真島ヒロがオリジナルストーリーを書き下ろしている。魔導士ギルド・フェアリーテイルのメンバーたちが、魔法の杖・ドラゴンクライの奪還劇を繰り広げる。

『ぼくと魔法の言葉たち』
自閉症によって言葉を失った少年・オーウェンを追ったドキュメンタリー映画。ディズニーのアニメーションから言葉を学び、家族とのコミュニケーションを取り戻す日々が映し出される。本編には『リトル・マーメイド』や『アラジン』など、お馴染みのキャラが多数登場する。

『レゴバットマン ザ・ムービー』
主人公はDCコミックスを代表するヒーロー・バットマン。すべての世界がブロック玩具のレゴで表現されており、アクション満載の一作に仕上がった。孤高のヒーロー・バットマンと最強最悪のヴィラン・ジョーカーの奇妙な関係性も見所。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集