映画「ReLIFE」予告編映像公開 井上苑子がケツメイシの名曲「さくら」をカバー | アニメ!アニメ!

映画「ReLIFE」予告編映像公開 井上苑子がケツメイシの名曲「さくら」をカバー

マンガ・ノベルサービス「comico」で常にランキング1位を独走してきたコミック『ReLIFE』の実写映画が4月15日に公開を迎える。それに先駆けて、本作の予告編動画が公開された。

ニュース
マンガ・ノベルサービス「comico」で常にランキング1位を独走してきたコミック『ReLIFE』の実写映画が4月15日に公開を迎える。それに先駆けて、本作の予告編動画が公開された。

本作の主題歌は女子高校生を中心に絶大な支持を集めるのシンガーソングライター・井上苑子を起用されることが発表済みだが、予告編ではその楽曲も聞くことができる。
楽曲のタイトルは「さくら」。2005年にケツメイシがリリースし大ヒットとなった名曲のカバーである。映画のストーリー、キャスト陣の演技はもちろん、井上苑子の歌声にも注目したい。
また原曲の「さくら」ではケツメイシによるラップも聞くことができた。今回のカバーにおけるラップでは、スペシャルコラボが展開することも発表されている。スペシャルコラボの内容も気になるところだ。

映画「ReLIFE」は、社会でつまずいた27才のニートが社会復帰するため、1年限定で17歳に若返り、高校生活を送るという設定で始まる。
人生をやり直した2度目の高校生活で出会う、想定外の友情や恋に真っ直ぐに向き合うことで、主人公は徐々に運命を変えていく。その過程では主人公の周囲にいる高校生が、青春を織りなしていくのだ。
主演を務めるのはドラマや映画で活躍する中川大志、平祐奈の2人。さらに高杉真宙、池田エライザ、岡崎紗絵、千葉雄大といった話題性と実力を兼ね備えた人物が揃う。

企画プロデューサーは「さくら」を起用した理由として「本映画の主人公の海崎(27歳)が中高生の青春時代に聴いていたであろう曲という目線で、10年前の名曲を探していたところ、「さくら」に出会いました」とコメントしている。
コメントでは「映画を見終わり、エンディングでこのメロディーが流れたとき、切ない涙を流せる、そんな作品になればと思っております」とも語っており、本編映像との相性にも期待が持てそうだ。



(C)2017「ReLIFE」製作委員会 (C)夜宵草/comico
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集