藍井エイル、武道館でラストライブ敢行 無期限活動休止を前に感極まり涙も | アニメ!アニメ!

藍井エイル、武道館でラストライブ敢行 無期限活動休止を前に感極まり涙も

ニュース

無期限の活動休止を発表している藍井エイルが、2016年11月4日、5日の二日間にわたり日本武道館にてラストライブを実施した。
このライブをもって活動休止に入る藍井の姿を見ようと、日本武道館には二日間で延べ1万5千人のファンが集結。これまでのライブとは違う、緊張感が漂う中でライブはスタートした。

今年の8月に長期休養の発表を行ってから久々に藍井がステージ上に姿を見せると、早速ファンの期待が最高潮に達する。
ライブの一曲目は元気な姿を見せたいと、自身の代表曲「シリウス」を披露、会場全体が熱気に包まれた。
その後はMCを挟むことなく「AURORA」「コバルト・スカイ」といったヒット曲を立て続けに歌う。ときには「アカツキ」「レイニーデイ」といった新曲も披露して見せ、観客を盛り上がる場面もあった。

その後もMCはほとんどなく、ラスト2曲を残した所で初めて「残り僅かになりましたが、最後まで楽しんでいってください」と一言だけ話す。そして最新シングル「翼」、ラストは「INNOCENCE」で本編を締めくくった。

アンコールでは、赤いチェックに衣装替えした本人が一人でステージに登場すると、ここではじめて本格的なMCを行う。
そこでは8月からの長期休養を謝罪し、この5年間での様々な思い出を語る。さらにバンドメンバーを一人づつ紹介してから、メジャーデビュー前に雑誌「リスアニ!」に収録された思い入れの強い「frozen eyez」を歌唱。
身が初めて作詞、作曲をしたシングル曲「ツナガルオモイ」を歌うと、涙を流す瞬間もあった。

最後は「私を見つけてくれてありがとう。私の曲を愛してくれてありがとう。私をいつも支えてくれてありがとう」という言葉とともに「虹の音」を歌い、計24曲のライブを締めくくった。
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集