ダース・ベイダーの“中の人”とは?「エルストリー1976」ビジュアル公開 | アニメ!アニメ!

ダース・ベイダーの“中の人”とは?「エルストリー1976」ビジュアル公開

ニュース

『エルストリー1976 - 新たなる希望が生まれた街 -』 (C)ELSTREE 1976 LIMITED, 2015
  • 『エルストリー1976 - 新たなる希望が生まれた街 -』 (C)ELSTREE 1976 LIMITED, 2015
  • 『エルストリー1976 - 新たなる希望が生まれた街 -』 (C)ELSTREE 1976 LIMITED, 2015
  • 『エルストリー1976 - 新たなる希望が生まれた街 -』 (C)ELSTREE 1976 LIMITED, 2015
暗黒卿ダース・ベイダーや兵士のストームトルーパー、賞金稼ぎのボバ・フェットら、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』に登場するキャラクターの“中の人”たちに焦点を当てた異色のドキュメンタリー映画『エルストリー1976 - 新たなる希望が生まれた街 -』。このほど、その日本版キーアートが完成し、場面写真とともに解禁となった。

「遠い昔、遥か彼方の銀河系で…」という言葉から始まった『スター・ウォーズ』シリーズ。本作は、遠い昔(約40年前)のイギリス、エルストリースタジオから始まった、伝説的作品のもう1つの側面にスポットを当てたドキュメンタリー。

1976年夏、そのスタジオではある映画が製作されていた。多くのアメリカ人とイギリス人俳優たちが、クレイジーなコスチュームとヘッドギアを着込み、映画の内容も知らずに、撮影に参加する。今後、この作品が映画史に燦然と輝き、21世紀になってもなお、世界中のカルチャーに多大なる影響を及ぼすことなど、誰もが想像もしていなかった。本作のジョン・スピラ監督は、そんな彼ら=“中の人”を探し当て、彼らが作り上げた不思議なコミュニティーに辿り着き、これほどまでの社会現象の影に生きる彼らを調査した。あの時、まだ彼らは、宇宙の中心にいることを知らなかった――。

本作では、オリジナルの『スター・ウォーズ』トリロジー(エピソード4~6)でコスチュームやユニフォームに身を包んだキャラクター俳優たちのコミュニティーに取材。彼らは皆、さまざまな経歴の持ち主であり、その後、それぞれユニークなキャリアと人生を歩むことになった。

時に、役者が演じるキャラクターが演者自身よりも有名になり、世界中で知られることがある。本作は、そんな彼らの視点から見た映画業界、映画制作の現場、そして役者業についてスポットを当てる。ポップ・カルチャーの社会現象がどのように生まれ、どのように人々の記憶に残るのか、またその現象の一端を担うことがどういうことなのかを探っていく。

『スター・ウォーズ』のメイキングを描いたドキュメンタリーとはまた違う、彼らにとってスタート地点となった『スター・ウォーズ』に迫る本作。『エピソード4/新たなる希望』の直前までを描く『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』や、一連のシリーズを、また違った視点で楽しむこともできそうだ。

『エルストリー1976 - 新たなる希望が生まれた街 -』は12月17日(土)より新宿武蔵野館、シネマート心斎橋、名古屋シネマテークほか全国にて順次公開。

ダース・ベイダーの“中の人”はどんな人?『エルストリー1976』ビジュアル到着

《text:cinemacafe.net》
【注目の記事】[PR]