「池袋ハロウィンコスプレフェス2016」2日間でコスプレイヤー1万7千人が集結 | アニメ!アニメ!

「池袋ハロウィンコスプレフェス2016」2日間でコスプレイヤー1万7千人が集結

ニュース

今年で3回目を迎えた「池袋ハロウィンコスプレフェス2016」が、10月29日(土)と10月30日(日)の2日間にわたって開催された。近隣協力店舗を含め、池袋東口エリアには両日合わせて1万7千人のコスプレイヤーが集まり、秋冷の街を彩った。

初日のオープニングセレモニーでは、豊島区の高野之夫区長がリオオリンピック閉会式で安倍晋三首相も仮装していた「スーパーマリオ」に扮し、『リボンの騎士』の主人公・サファイアの衣装を身に纏った小池百合子東京都知事らも登壇した。
小池知事が「お約束通り、今日はサファイアで参りました!」と会場を沸かせたほか、「コスプレをはじめ、アニメ、マンガは今や“クールジャパン”の代表格になっており、東京オリンピックに向けて、スポーツのみならず、これらを日本の文化発信の源にしていきたいと思います」との宣言も行われ、東京から世界に向けてカルチャーを発信していくことが示された。

また、東池袋中央公園のイベント特設ステージでは、抽選で誰でも参加できるフリーステージが行われ、お気に入り作品のキャラクターになりきったコスプレイヤーがランウェイに登場した。参加者は「クオリティ高ぇww」や「さすが池袋ハロウィン」と盛り上がるニコニコ生放送のコメントを背景に、自慢の衣装に身を包んでのウォーキングやポージングを楽しんでいた。
また、今年はイベント初参加という来場者も多く見受けられ、親子コスプレイヤー限定の「親子でハロウィン」ステージも実施された。会場では「かわいいー!!」と歓声が上がったほか、「子供と行きたい!!」、「親子でノリノリwww」といったネット視聴者からのコメントも寄せられるなど、こちらも盛り上がる企画となった。

このほか、サンシャイン通りのレッドカーペットをウォーキングする「コスプレウォーク」や、特設休憩スペース「しまうまカフェ」、「自作コスプレアイテム体験」なども盛況を博した。コスプレ参加者を含めたイベント来場者数が約9万人、ネット視聴者数が公式ニコニコ生放送4番組の合計で235,801人と、日本最大級の動員を記録した2日間となった。
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集