大ヒット上映中『君の名は。』その魅力を、「新海誠の経歴」から読み解く | アニメ!アニメ!

大ヒット上映中『君の名は。』その魅力を、「新海誠の経歴」から読み解く

ニュース


新海誠監督の最新作となる劇場アニメ「君の名は。」8月26日に公開されると同時に、多くの観客が足を運び、また本作を賞賛する感想などがSNSを中心に拡散。一般人のみならず著名なクリエイターたちも「君の名は。」を熱く語り、早くも注目を集める作品となりました。

各所が報じるところによれば、これまで公開された新海作品の中でも最大規模となる301スクリーンで公開され、26日・27日・28日の動員数は95万9,834人、興行収入は12億7,795万8,800円を記録。規模もさることながら、事前の期待を大きく上回る好調なスタートとなりました。

アニメファンや新海監督に注目していた方はもちろん、新規層も大きく取り込むほどの盛り上がりを見せている「君の名は。」。そんな注目作を手がけた新海監督は、実はかつて日本ファルコムに在籍していました。原点のひとつとして「ゲーム」という側面も持つ新海監督の作品は、物語性を重視するADV系を好むユーザーにもお勧めできるタイトルばかりです。

折しも「君の名は。」が華々しい幕開けを飾っているので、「興味はあるけどまだ足を運んでいない」という方に向け、その魅力の一端などをこちらで紹介させていただきます。また新海監督の歩んだ歴史を簡単ながら振り返り、「君の名は。」へと繋がる歩みなどにも触れるので、すでに劇場に足を運んだ人もよければご一読ください。

◆「君の名は。」ってどんな物語?



新海監督が手がける作品の傾向として、「漂う空気感すら感じられそうな美しい描写力」や「交錯する少年少女の想い」「繊細に揺れ動く心情」などが挙げられます。

例えば、1999年の初夏から初冬にかけて作成された自主制作アニメ「彼女と彼女の猫」では、“彼女に飼われている猫”の視点を通し、男女の微妙な距離感や変わりゆく関係、もどかしさに苦しみながらも前を向こうとする心の在り方などを描いており、この映像を見て新海監督に惚れ込んだ方も少なくありません。

また、際立った描写にはユニークな一面を盛り込まれており、人間である“彼女”をはじめ、住まいである部屋や町並み、高架や電車の車両などは緻密かつリアルに描き上げているのに対し、“彼女の猫・チョビ”や“チョビを慕う猫・ミミ”はデフォルメされたデザインで表現。リアル一辺倒ではないからこそ、物語がより映える作品となっています。

「彼女と彼女の猫」の制作開始から数えて17年後、全国公開を迎えた「君の名は。」。この年月で積み上げた実績や経験がその手腕をより研ぎ澄ませたものの、新海誠監督だからこそ描くことができる映像と物語の融合は、揺るぎない芯として今も継承されているように感じます。


「君の名は。」の舞台となるのは、どこにでもありそうな日本の日常。ただ唯一異なった点は、田舎に住む女子高校生・三葉と東京で暮らす男子高校生・瀧が、ひょんなことから入れ替わってしまったことです。入れ替わりに戸惑う2人は、時にケンカし、時に「入れ替わり」のひとときを楽しみながら過ごしていきますが、ある時急に入れ替わりが途切れてしまいました。

突然関わりがなくなった現実を突きつけられた瀧は、三葉に会いに行く決心を固めます。まだ出会ったことのない、けれども特別な相手と出逢うために。しかしその道のりの果てに意外な真実が待ち受けていることを、まだ瀧は知りません──。

これまで、少年少女の“すれ違い”を描いてきた新海監督。過去作品「ほしのこえ」では、メールというか細い手段で「時間」の壁に抗う、宇宙と地上に引き裂かれた少年少女を紡ぎました。本作「君の名は。」では、「入れ替わり」という“すれ違いから始まる関係”が描かれており、これまで得意としてきたジュブナイルを更に一歩進めた切り口で盛り込んでいます。また、“田舎町と東京”という物理的な隔たりが、見る側のもどかしい想いに拍車をかけ、この点でも新海監督が得意とする手腕が光ります。


非現実的とも言える「入れ替わり」を、リアルな描写風景と交わらせることで、作品世界の中で融合させる新海監督。かつて「彼女と彼女の猫」でも伺わせた秀逸なバランス感覚も、「君の名は。」の魅力を支える大きな柱のひとつと言えるでしょう。映像と心情と、ちょっと不思議な物語。その三位一体が、これ以上なく美しく描かれています。

◆「君の名は。」を支える豪華なキャストや制作陣、そして広がる世界


本作を支える存在は、もちろん新海監督だけではありません。まずアニメーション制作は、『秒速5センチメートル』など、新海監督と長年タッグを組んできたコミックス・ウェーブ・フィルムが担当しており、積み上げた実績と信頼感はファンも納得の一言。

そしてキャラクターデザインは、『心が叫びたがってるんだ。』や『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』などで知られる田中将賀氏が、作画監督はスタジオジブリ作品など劇場作品の経験が豊かな安藤雅司氏が務めており、こちらも盤石の布陣です。

物語の中核を担う2名に命を吹き込むキャストとして、立花瀧役に神木隆之介さんを、宮永三葉役には上白石萌音さんを起用。上白石さんはオーディションによりその役柄を射止めており、選抜されるに値する魅力を劇場で確認できることでしょう。


また物語を彩るこのほかのキャストとして、長澤まさみさんに市原悦子さん、悠木碧さんなど、実力派女優から人気声優まで数多く参加。俳優と声優の垣根なく厳選されたキャスティングが行われているのも、本作の特徴のひとつと言えるかもしれません。


劇場で広く展開している「君の名は。」ですが、本作の物語は小説という形でも一足早く綴られています。新海監督自らが執筆を手がけているので、より広く「君の名は。」の世界を覗き込みたい方は、映画だけでなく小説にも手を伸ばしてみてはいかがでしょうか。また、こちらは加納新太氏による執筆となりますが、世界を更に掘り下げる「君の名は。 Another Side:Earthbound」も発売中です。よければ、合わせてどうぞ。

◆ゲームとの関わりも色濃い新海監督




自身のTwitterでも明かしている通り、新海監督はかつて日本ファルコムに在籍していました。その際に同社の看板シリーズのOPムービー制作に携わっており、美しい映像や見る者の目を奪う演出に、一部のゲームファンが早くも大きな注目を寄せていました。

特に『イースIIエターナル』の映像はひときわ話題となり、際立った演出やきめ細やかな映像、ゲームシーンとアニメーションの融合など、その完成度の高さを絶賛する声が多数上がるほどでした。残念ながら公式が直接公開している映像はなく、現在はダウンロードで配信されているのみ。ただし容量を削減している関係で、オリジナル版と比べると映像・音楽などの品質はどうしても下がっています。もし機会があればぜひオリジナル版をご視聴ください、と前置きして、ダウンロードできるサイトのURLを併記しておきます。

■日本ファルコム デモムービー 無料ダウンロード(『イース II エターナル』を選択してください)
URL:http://www.falcom.co.jp/download/demo/index.html

また新海監督は、日本ファルコムを退職後、「ほしのこえ」や「雲のむこう、約束の場所」、「秒速5センチメートル」といったアニメ作品を手がけていきますが、その一方でゲームブランド「minori」がリリースしたいくつかの作品のオープニングムービーを手がけています。いずれのムービーも、各作品の世界観を生き生きとアニメで描き、より魅力的に表現。それぞれのゲームファンからも好評を博しました。

「minori」でのオープニングムービーを最後に、ゲームとの直接的な接点は縁遠くなる新海監督ですが、最新作「君の名は。」の作中にてちょっとユニークな一幕を盛り込みました



「君の名は。」のとあるシーンに、シャープの名機・X68000やゲームキューブ、セガサターンに初代プレイステーションなどが描き込まれており、ネットを中心に話題を呼びました。ハードばかりでなく、PSソフト『メタルギアソリッド』らしきパッケージもあり、心憎い演出を垣間見せます。

アニメ業界だけでなく、ゲーム業界にも少なくない影響を与えた新海監督。そんな経歴を知った上で視聴するのも、一興かもしれませんよ。

◆「君の名は。」と並ぶ、“今”の新海監督



これまで、「君の名は。」の魅力や新海監督の経歴を中心に紹介してきましたが、新海監督の“今”は劇場映画や小説だけではありません。「君の名は。」と「サントリー天然水」「サントリーヨーグリーナ」がコラボレーションしたスペシャルCMが、8月10日から続々と公開されました。

新海監督がディレクションを行ったこのCMは、「君の名は。」の世界観に合わせて“シンクロ”をテーマに制作。第1弾「三葉の想い」では三葉が、第2弾「瀧の想い」では瀧が、思春期に置かれた自分を見つめつつ、その心情を吐露しています。また、第3弾では三葉と瀧が登場し、テーマにあるシンクロを感じさせる演出が「17歳のふたり」を鮮烈に描きました。

美しい背景描写と、ひたむきな想いを交錯させるふたり。彼らが立ち向かう“青春”を、「サントリー天然水」と「サントリーヨーグリーナ」が爽やかに後押ししてくれます。「君の名は。」とのコラボCMですが、こちらも最新映像には違いありません。よければこちらも、一挙3本ご覧ください。

YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=OpDy32cFebg

YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=DH8fMEaUo-s

YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=vnMtN7tpWpk

■サントリー天然水×『君の名は。』特設サイト
URL:http://www.suntory.co.jp/enjoy/movie/kiminona/

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

「君の名は。」だけでなく、新海監督の歩みや更なる展開にも踏み込んだため、駆け足での紹介となってしまいましたが、作品に興味を持つ一助になれたら幸いです。

全国東宝系にて公開しているので、新海監督の歴代作の中でも最も視聴環境が整っています。長編アニメ制作はどうしても時間がかかるため、ボリュームのある次回作までは年単位で待つことになるでしょう。「ブームに乗っかるようで、ちょっと……」と気後れする方もいると思いますが、折角の盛り上がりだからこそ乗じてみるのも一興です。

幸い、次の週末まであとわずか。予定などが決まっていなければ、劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。「まだそこまで……」という人は、小説から入るのもお勧めですよ。また新海監督の過去作を味わう週末、というのも粋かもしれません。それぞれのスタイルで、次の週末をお楽しみください。

[INSIDE/www.inside-games.jpより転載記事]

(C)2016「君の名は。」製作委員会
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)@INSIDE/www.inside-games.jp》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集