グッドスマイルレーシングがSUPER GT第4戦に参加 7位完走でシリーズランキングは5位を維持 | アニメ!アニメ!

グッドスマイルレーシングがSUPER GT第4戦に参加 7位完走でシリーズランキングは5位を維持

ニュース

グッドスマイルレーシングがSUPER GT第4戦に参加 7位完走でシリーズランキングは5位を維持
  • グッドスマイルレーシングがSUPER GT第4戦に参加 7位完走でシリーズランキングは5位を維持
  • グッドスマイルレーシングがSUPER GT第4戦に参加 7位完走でシリーズランキングは5位を維持
  • グッドスマイルレーシングがSUPER GT第4戦に参加 7位完走でシリーズランキングは5位を維持
  • グッドスマイルレーシングがSUPER GT第4戦に参加 7位完走でシリーズランキングは5位を維持
  • グッドスマイルレーシングがSUPER GT第4戦に参加 7位完走でシリーズランキングは5位を維持
  • グッドスマイルレーシングがSUPER GT第4戦に参加 7位完走でシリーズランキングは5位を維持
  • グッドスマイルレーシングがSUPER GT第4戦に参加 7位完走でシリーズランキングは5位を維持
  • グッドスマイルレーシングがSUPER GT第4戦に参加 7位完走でシリーズランキングは5位を維持
宮城県にあるスポーツランドSUGOにて7月23日・24日の2日間、SUPER GTの第4戦が開催。GOODSMILE RACING & TeamUKYOも参戦し、初の表彰台を目指した。

まずは7月23日に予選が行われると、Q1では片岡龍也選手が走行。早々に1分19秒台を叩き出すも、ライバルたちも速く14位に追いやれれる。しかしそこから片岡選手は粘りを見せ、最終的に10番手でQ1をクリア。
2回めは谷口信輝選手が挑戦すると雨が降り始める波乱の中でも安定した走行を見せ、8番手でQ2を終える。

翌日の決勝戦でも小雨が降ったり止んだりという状況が続く中での開催となる。まずは片岡選手がスタートを担当すると、レーススタート直後の1周目で7位にポジションアップ。
23周目にはGT300のマシンがコースオフし、回収のためにセーフティーカーがコースインする一幕も。SCコースイン中にピットインする車輌が殺到し、出口付近で渋滞が起こるというハプニングもあった。
今回はそれを危惧してピットインのタイミングを慎重に探り、結果としてピット作業時間も短縮。

その後GT500のバトルに巻き込まれて一時ペースを乱されたものの、再び調子を取り戻すと順調に順位を上げ、ピットイン前と同じ7位にまで順位を上げる。
しかし71周目では、残り6周を残すのみという時間に18号車が最終コーナーでコースアウト、クラッシュしてしまう。
SUGOの最終コーナーはコースアウトの名所とも言える危険なコーナーのため、SC導入ではなく赤旗中断となる。この時点でレースは成立していたため、そのまま終了となった。

前を行く車両を抜くチャンスがあっただけに悔しい終わり方となってしまったが、レースの結果により4ポイントを獲得。シリーズランキングも5位を維持した。
その一方でトップとは14ポイント差となってしまったので、次戦富士スピードウェイではこの差を縮めることが課題になるだろう。

(C)米山舞 / CFM
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集