「タイガーマスクW」2016年秋放送スタート 光と闇のタイガーマスクが登場 | アニメ!アニメ!

「タイガーマスクW」2016年秋放送スタート 光と闇のタイガーマスクが登場

ニュース

原作・梶原一騎、作画・辻なおきのマンガ『タイガーマスク』は、1969年と1981年の二度にわたってテレビアニメ化され、大きな人気を博した。このたび、東映アニメーション創立60周年記念の一環として、最新作『タイガーマスクW(ダブル)』の制作が決定した。2016年秋よりテレビ朝日にて放送開始となる。

『タイガーマスクW』はタイトルが示すように、二人のタイガーマスクが登場する。主人公は小さなプロレス団体・ジパングプロレスの練習生である若きプロレスラーの東ナオトと藤井タクマ。だがジパングプロレスは悪質プロレス団体・GWM(グローバルレスリングモノポリー)に潰されてしまう。
報復を決意したナオトは富士の裾野で訓練を受け、新タイガーマスクとなる。だがタクマはGWMを内部から潰すため、団体を裏で操る組織・虎の穴に潜入し、タイガー・ザ・ダークとして生まれ変わる。リング上では敵となったが、二人の胸には虎の穴を潰すという同じ目的が秘められている。光と闇のタイガーに待ち受ける戦いと友情の行く末に要注目だ。


本作はセル時代のアニメを現在のデジタル時代に合わせて刷新し、壮大なスケールのストーリーを新世代に伝えるために企画された。最新PVでは当時のセルタッチを残したキャラクターたちが描かれている。「虎だ! 虎だ! お前は虎になるんだ!」というお馴染みのナレーションも、シリーズの継承を感じさせる仕上がりである。
さらに新日本プロレスの全面協力も実現。オカダ・カズチカ選手をはじめ、実在のプロレスラーが多数登場する。ストーリーにどう関わってくるのかも楽しみな発表となった。監督はシリーズディレクターは『Yes!プリキュア5』の小村敏明、シリーズ構成は『ベイビーステップ』の千葉克彦が担当。キャラクターデザインは香川久、アクション作画監督は羽山淳一が務める。
[高橋克則]

『タイガーマスクW』
2016年秋、テレビ朝日にて放送開始

[スタッフ]
シリーズディレクター: 小村敏明
シリーズ構成: 千葉克彦
キャラクターデザイン: 香川久
アクション作画監督: 羽山淳一
美術デザイン: 渡辺佳人
音楽: 高梨康治(Team-MAX)、刃-yaiba-

(c)梶原一騎・辻なおき/講談社・テレビ朝日・東映アニメーション
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集