古谷徹、デビュー50周年記念プロジェクトスタート ミニアルバム「Thanks ~感謝~」9月23日リリース | アニメ!アニメ!

古谷徹、デビュー50周年記念プロジェクトスタート ミニアルバム「Thanks ~感謝~」9月23日リリース

ニュース

声優・古谷徹が2016年でデビュー50周年を迎えることを記念し、日本全国を横断するというプロジェクトがスタートした。さらにミニアルバム『Thanks~感謝~』のリリースやファンブックの発売、記念イベントの開催が決定した。


古谷徹は1966年に声優としてデビューし、2016年で50周年を迎えた。『巨人の星』の星飛雄馬や、『機動戦士ガンダム』のアムロ・レイ、『聖闘士星矢』のペガサス聖矢など主人公キャラクターはもちろん、『美少女戦士セーラームーン』のタキシード仮面や、『ドラゴンボール』のヤムチャなど様々なキャラクターを演じた。
2000年に入ってからは『キャシャーンSins』のキャシャーンや、『ワールド・デストラクション~世界撲滅の六人~』では語尾に「クマ」の付くトッピー・トプラン、『魍魎の匣』の怪しい雰囲気を持つ久保竣公など、役柄の幅を広げている。2016年も『ワンピース』のサボや、『名探偵コナン』の安室透、「クローズアップ現代+」のナレーションなどを担当し、その声を聞く機会も多い。

プロジェクトの一環としてミニアルバム『Thanks~感謝~』が9月23日にリリースされる。『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編』の「めぐりあい」、『聖闘士星矢』の「聖闘士神話(ソルジャードリーム)」、『ドラゴンボールZ』の「CHA-LA HEAD-CHA-LA」の3曲を収録する。価格は1,500円(税込)で、アニメイト、ゲーマーズ、書泉店舗限定で発売される。

同じく9月23日にはファンブックも発売される。プライベートショットやお祝いコメントが収録された、古谷徹の50年の歴史を振り返る一冊となっている。価格は1,000円(税込)だ。
さらにアニメイト店舗での発売記念イベントが決定。詳細は後日公式サイトで発表される。日本全国を横断する記念プロジェクトとあって、各地にいるファンにとっても嬉しい展開となりそうだ。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集