「MADOGATARI展」アンコール開催決定 No.1ヒロインに選ばれた忍野忍の記念イラストも | アニメ!アニメ!

「MADOGATARI展」アンコール開催決定 No.1ヒロインに選ばれた忍野忍の記念イラストも

ニュース

『魔法少女まどか☆マギカ』や『〈物語〉シリーズ』など独自の世界観を持つアニメ―ション作品制作で、なくてはならい制作会社シャフト。そんな同社の40周年を記念して開催された「~シャフト40周年記念~MADOGATARI展」が今回東京で9月にアンコール開催されることが決定した。
また、名古屋で行われた 来場者参加型の企画として「MADOGATARI総選挙」を実施し、8000票中2割以上である1800票を超える得票数でMADOGATARI No.1ヒロインに『〈物語〉シリーズ』より忍野忍が選ばれ、今回記念イラストが公開された。

忍野忍はシリーズ1作目の『化物語』から登場しており、その前日譚である『傷物語』のヒロインでもある。怪異の王と呼ばれる伝説的吸血鬼であるキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードの成れの果てであり、主人公の阿良々木暦と複雑な関係ではあるが、共に怪異に立ち向かうコンビのような関係となった幼女だ。

完成したイラストはトロフィーを持った忍が笑顔を浮かべ、トロフィーを掲げている。彼女の特徴的な笑い方である「かか」という声が聞こえてきそうなクオリティだ。
また、東京・大阪・札幌・名古屋にて開催された同展示会には、 4会場累計で約51,000名もの観客が来場し、その好評を受けて9月にはアンコール開催が決定している。同会ではアニメーション制作スタジオ・シャフトが2016年から2017年にかけて制作する新作アニメーション(劇場作品『劇場版 傷物語 II 熱血篇』、 TVアニメ『三月のライオン』ほか)の制作資料の展示をはじめ、 本催事にて初公開となる新作映像も複数上映も予定されており、リピーターでも楽しめるラインナップとなっている。

まだまだ秘されている情報があるらしく、7月中旬には続報が公開されるそうだ。同社が彩った数々の名作の世界をこの機会に体感して欲しい。
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「Fate/Extra」2017年にTVアニメ化決定 アニメーション制作はシャフト 画像 「Fate/Extra」2017年にTVアニメ化決定 アニメーション制作はシャフト
  • MADOGATARI展、名古屋でも開催決定 5月4日~8日の5日間 画像 MADOGATARI展、名古屋でも開催決定 5月4日~8日の5日間
  • 東京・大阪で3万1000人を集めたMADOGATARI展が札幌へ 新キービジュアルも公開 画像 東京・大阪で3万1000人を集めたMADOGATARI展が札幌へ 新キービジュアルも公開

特集