「風の谷のナウシカ」蛇螻蛄を海洋堂が可動フィギュアに 「ジブリの大博物館」記念コラボ | アニメ!アニメ!

「風の谷のナウシカ」蛇螻蛄を海洋堂が可動フィギュアに 「ジブリの大博物館」記念コラボ

ニュース グッズ

2016年7月7日より、六本木ヒルズ展望台で「ジブリの大博覧会」が開催される。これを記念したコラボレーション企画として、『風の谷のナウシカ』に登場する蛇螻蛄(ヘビケラ)が海洋堂によってフィギュア化される。

『風の谷のナウシカ』は、漫画や映画で展開された、宮崎駿監督の作品だ。蛇螻蛄は作中に登場する「翅蟲」で、空を飛ぶ蟲の一つである。ムカデのような体に羽が生え、鋭い牙がある上に3つの光る目を持つ。さらに巨大であることから、ナウシカとの対比に驚いたファンも多いだろう。本編でこの蛇螻蛄は、主人公であるナウシカの周りを飛び、操縦しているメーヴェが衝突して墜落している。

このフィギュアは可動フィギュアであり「タケヤ式自在置物」シリーズから展開される。この「タケヤ式自在置物」は、江戸時代にルーツを持つ「自在置物」という金属工芸からヒントを得て完成したものだ。竹谷隆之の解釈によってできたこの「タケヤ式自在置物」は、今までにも麒麟や龍などが販売されている。蛇螻蛄のフィギュアは、見栄えのする錆地調で仕上げられている。さらに可動式ということで、全身の45箇所が稼働する仕様で、全長は約405mmとなっている。

このフィギュアは、「ジブリの大博覧会」で先行発売され、スリーブも会場限定のものとなっている。その後、パッケージの仕様を一部変更して、一般販売される予定だ。価格は12,800円(税別)となっている。

企画/スタジオジブリ・海洋堂
発売/海洋堂
造形製作 (C)竹谷隆之・山口隆
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集