「ドラゴンボール」悟空が浮世絵木版画に 200枚限定で販売 | アニメ!アニメ!

「ドラゴンボール」悟空が浮世絵木版画に 200枚限定で販売

ニュース

国民的作品『ドラゴンボール』が浮世絵木版画となって登場する。人気アニメの様々なグッズを販売、制作しているホビーストックから「浮世絵木版画 ドラゴンボール 龍玉絵巻」が発売される。江戸時代よりおよそ400年以上にわたり伝統技術を継承する職人たちと、日本を代表するTVアニメとの夢のコラボレーションだ。

ホビーストックは、アニメなどのフィギュアやグッズの通販サイトを運営し、グッズも制作も手掛けている。このシリーズは今までにも『ウルトラマン』が発売し、大きく注目を集めた。今回発売が決定した「ドラゴンボール 龍玉絵巻」は、テレビアニメ『ドラゴンボール』と浮世絵木版画のコラボ商品だ。

浮世絵木版画は江戸時代から400年以上にわたり受け継がれてきた歴史ある日本の文化の一つだ。人間国宝が漉いた「越前生漉奉書紙」が使われ、彫り、摺りといった制作過程は、すべて職人たちの手作業である。版数は26版にも及び、重ねられた色が鮮やかなコントラストで表現された究極の一品が完成。

本商品は200枚限定販売。価格は45,000円(税抜)で、2016年7月2日(土)より予約を受け付ける。
またアメリカのコンベンション「AnimeExpo2016」にて展示・販売が決定した。職人芸によって描かれた美麗な絵を実際に見ることができる。

なお、さらに今後は初音ミクの浮世絵木版画も予定されている。AnimeExpoでは「Ukiyo-e Art Hatsune miku 歌姫東海道 初音未来」と題し、輪郭線摺りでの展示を予定している。海外のファンからも注目のアイテムになるだろう。

『ドラゴンボール』
(C)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集