「超絶叫!麦わらホラークルーズ」J-WORLDに夏季限定で登場 ルフィたちが驚かし役に | アニメ!アニメ!

「超絶叫!麦わらホラークルーズ」J-WORLDに夏季限定で登場 ルフィたちが驚かし役に

ニュース

(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
  • (C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
  • (C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
  • (C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
池袋サンシャインシティにある「J-WORLD TOKYO」で、『ONE PIECE』の季節に合わせたイベントが開催される。『ONE PIECE』のアトラクション「ソルジャードックアドベンチャー」が2016年7月15日(金)より期間限定でホラーバージョンに変わることが分かった。

J-WORLD TOKYOは、ナムコが運営する“ジャンプ”作品の世界観で遊べるテーマパークだ。ジャンプ関連作品にまつわる様々アトラクションやゲーム、フードを楽しむ事ができる。

今回の期間限定リニューアルでは、アトラクション名も「超絶叫!麦わらホラークルーズ~ソルジャードックアドベンチャースペシャル~」に変わる。麦わらの一味が脅かし役として登場し、様々な仕掛けが施された暗闇の中を水平回転するライドに乗って進んでいくアトラクションとなる。
ストーリーもリニューアルされた。リゾー島に来た観光客相手にアトラクションをつくり資金を稼いでいた麦わらの一味が、より多くの稼ぎを手に入れるため「ホラーバージョン」を一味全員で仕掛けることに。しかし、スタンバイしているはずのルフィからは反応がなく、チョッパーからは不穏な連絡が入る……という何かトラブルの匂いがするものとなっている。「ONE PIECE」の世界観とホラーテイストがどのようにマッチするのかも楽しみだ。

また、合わせてアトラクションのイメージビジュアルも公開された。飛び出すゾンビやろくろ首のように首を伸ばすルフィ、包帯ぐるぐる巻きのチョッパーなど、少し気味の悪い雰囲気ながらも、家族でも楽しめる様な内容が伺える。どのような仕掛けが待ち受けているのかは、実際にアトラクションで確認してほしい。

7月15日から始まる今回の「超絶叫!麦わらホラークルーズ~ソルジャードックアドベンチャースペシャル~」。今年の夏休みシーズンは、このアトラクションで肝を冷やしてみてはいかがだろうか。
《半蔵門アラタ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事