伊勢谷友介「ジャングル・ブック」で“暴君”トラに挑む!ディズニー映画に初挑戦 | アニメ!アニメ!

伊勢谷友介「ジャングル・ブック」で“暴君”トラに挑む!ディズニー映画に初挑戦

ニュース

『ジャングル・ブック』(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved..
  • 『ジャングル・ブック』(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved..
  • 『ジャングル・ブック』(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved..
  • 『ジャングル・ブック』(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved..
ジャングルの動物に大切に育てられた人間の少年・モーグリを主人公に、自然の掟とともに生きるものたちの愛や憎しみ、喜びや悲しみを描き出す『ジャングル・ブック』このほど、本作の日本語吹き替え版で、モーグリを敵対視する“暴君”トラのシア・カーンを俳優の伊勢谷友介が担当することが決定。「現代社会の比喩であるジャングルで、なりたい自分を見つけてほしい」という力強いコメントが到着した。

最先端の映像テクノロジーを使った、少年モーグリ以外は動物も大自然もすべてがCGという圧倒的な映像表現で早くも話題の本作。現実以上にリアルでありながら、現実世界には決して存在しえない“人間味”あふれる動物たちや、息をのむほど美しいジャングルがスクリーンに広がり、驚きと感動をもって観客をその世界に誘っている。

全米では、3週連続NO.1を獲得。公開から1か月以上経過したいまもロングランヒットを続けており、全世界興収は8億7,984万6906ドルと(BOX OFFICE MOJO調べ、5月31日現在)、2016年全世界興行収入ランキング3位を達成している。

そんな本作の日本語吹き替え版で、ディズニー映画に初挑戦することになった伊勢谷さん。圧倒的な力でジャングルの頂点に君臨し、“人間”であるモーグリに強い憎しみを抱くトラのシア・カーンに挑む。

過去に人間から受けた苦しみから、人間に対して激しい復讐心を持つシア・カーン。「僕が演じたシア・カーンは、人間にとっての脅威であり、自然の体現ともいえる絶対的なプライドを持った存在です」と語り、その圧倒的な存在感を表現するに当たり、「ぶれないこと」を意識したという伊勢谷さん。「彼の中に絶対的な芯がある。その意味では悪ではない。誰かにとって悪でも本人にとっては当然であるという、絶対的な自信を持つようにしました」と、演じる上での意気込みを明かす。

ただ、そんなシア・カーンというキャラクターに関しては、「独裁政治をやっている人」は「嫌いです」と感じながらも、「人間が過去にやってきた間違いによって生まれた遺恨であり、そういったことに向き合って相手の存在を助けるところまでにならないと本質的な改善にならないと思うので、シア・カーンは存在していてほしい」と、“単なる悪”とも言い切れないキャラクターの存在意義に触れる。

「『ジャングル・ブック』はいま僕らが置かれている世界の比喩だと思います。たくさんのキャラクターが出てきますが、それぞれに、シア・カーンでさえも本人の中に正当性がある。そうやって考えると、この物語はそれぞれのキャラクターの視点からいろいろなことを自分たちに提案してくれている気がします」とも語った。

「若い子にはこれから社会を作っていくにあたって、理想ってなんだろうというときにいろいろなアイディアをくれる作品ではないかと。シア・カーンはなってはいけない存在ですが、なりたい自分、なりたい動物を見つけてくれれば」と、日ごろから環境問題や社会活動に積極的に取り組んでいる視点で、本作の持つ力を熱く語る伊勢谷さん。

伊勢谷さんの持つ熱量が、シア・カーンの圧倒的な強さや存在感をどう表現するのか、ぜひ注目していて。

『ジャングル・ブック』は8月11日(木・祝)より全国にて公開。

伊勢谷友介、ジャングルの“暴君”トラに挑む!ディズニー映画に初挑戦

《text:cinemacafe.net》
【注目の記事】[PR]