「妖怪ウォッチ」映画第3弾は12月17日公開 アニメと実写の世界が融合 | アニメ!アニメ!

「妖怪ウォッチ」映画第3弾は12月17日公開 アニメと実写の世界が融合

ニュース

レベルファイブが企画・原作を担当する、クロスメディア作品『妖怪ウォッチ』の、3度目となる劇場化が発表された。最新作のタイトルは『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』。2016年12月17日より公開を予定している。

昨年12月19日に公開された前作『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』は、劇場前売券販売枚数が100万枚を突破。前々作でも100万枚を記録しており、2作連続での大記録を打ち立てた。
さらに数々の大作を抑え映画ランキング初登場1位を獲得、興行収入も50億円に到達するという偉業を成し遂げた。シリーズ第2弾目にして、早くも定番作品となっている。

そして第3弾では新たな試みとして、ジバニャンなどお馴染みのキャラクターが、アニメと実写の世界を行き来する。アニメ×実写という、ハイブリッド作品として制作中だ。実写版では、ジバニャンを3DCGで表現。また主人公のケータは、10歳の南出凌嘉が演じる。

劇場前売券は約1ヶ月後の7月16日より発売が開始となる。特典として、3DCGのジバニャンが描かれた妖怪メダル「ジバニャンリアルVer.妖怪ドリームメダル」が付いてくる。貴重なアイテムとして、子供たちからの注目度も高くなりそうだ。
同じく7月16日には、ニンテンドー3DSでゲーム最新作『妖怪ウォッチ3 スシ/テンプラ』が発売予定。日本とUSAを行き来しながら冒険を繰り広げるという、壮大な物語になっている本作。映画とどのような連動を見せてくれるかにも要注目だ。
これらの詳細については、7月15日発売の「コロコロコミック 8月号」にて発表するとのこと。引き続き情報を待ちたい。

『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』
2016年12月17日(土)公開
(C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2016
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集