「ファインディング・ドリー」さかなクンがマンボウ役に挑戦 海洋生物監修も | アニメ!アニメ!

「ファインディング・ドリー」さかなクンがマンボウ役に挑戦 海洋生物監修も

ニュース

ディズニー/ピクサー最新作『ファインディング・ドリー』は7月16日に全国公開を迎える。今回は新たに、タレントで東京海洋大学名誉博士のさかなクンが、マンボウ役としてゲスト声優を務めることが明らかになった。さらに字幕版と吹替版の海洋生物監修も担当し、魚たちを紹介する予告編が配信された。

さかなクンは魚に関する豊富な知識と分かりやすい軽快なトークでお茶の間に親しまれている人気タレントだ。このたび、映画本編でマンボウ役の吹替声優を演じることが発表された。
マンボウはさかなクンのトレードマークであるハコフグ帽子と同じフグ科ということもあり「マンボウちゃんは世界で最も大きくなるフグの仲間ですので、おお~こんな偉大なマンボウちゃんの役を頂けて嬉しい!」と大喜び。本編でどのような熱演を披露しているのか楽しみなキャスティングとなった。

さかなクンは字幕版と吹替版の海洋生物監修も担当する。ピクサー作品が監修を外部委託するのは異例のことで、その知識が高く評価されたようである。さかなクンは海洋生物の習性や特徴だけでなく、日本語での正しい魚名などの表現や海の仕組みにかかわることなど細部にわたって監修を行った。
たとえば劇中に登場するマグロがマカジキなのにカジキマグロと表記されていたのを指摘したり、水温では摂氏という表現はあまり使わないため温度という言葉に訂正したりと、重要な役割を果たした。また劇中のセリフから「貝にも目があるのか?」と疑問が生じた際には、眼点という目に当たるものがあるとアドバイスし、その博識ぶりを披露した。


さかなクン解説付の予告編では専門家から見たチェックポイントを紹介している。本作の主人公・ドリーはナンヨウハギという魚で、日本のサンゴ礁でも会うことできること。旅の途中で出会うタコのハンクはミズダコという種類で、色や形を自在に変えることができることなど、映画をより楽しめる知識が満載の映像に仕上がった。
[高橋克則]

『ファインディング・ドリー』
7月16日全国ロードショー
配給: ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

(c)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集