ピクサー最新作「ファインディング・ドリー」の声に上川隆也、中村アン 新キャラクター登場で | アニメ!アニメ!

ピクサー最新作「ファインディング・ドリー」の声に上川隆也、中村アン 新キャラクター登場で

7月16日に日本でも公開される『ファインディング・ドリー』で、今回新たな日本語吹き替えの声優として上川隆也、中村アンが参加することが発表された。

ニュース
(C) 2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • (C) 2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
第76回アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞し、世界中で社会現象を巻き起こしたディズニー/ピクサーの傑作『ファインディング・ニモ』。全世界注目の続編『ファインディング・ドリー』が7月16日に日本でも全国公開される。
今回その日本語吹き替えに新たな参加が発表された。人気俳優の上川隆也とモデルでタレントとしても活躍する中村アンである。上川隆也は<謎のタコ>ハンク役、中村アンは<泳ぎが苦手なジンベエザメ>デスティニー役をそれぞれ担当する。

上川隆也は今までにも数々のアニメーションの声優を務めた経験がある。特に『天元突破グレンラガン』で演じた主人公シモンたちに立ちはだかるラスボス、アンチスパイラルは銀河さえ軽々と破壊する強烈な役どころだったが、見事な熱演で視聴者に強烈な印象を残した。
対する中村アンは今回声優初挑戦だ。テレビでは観ない日はないというくらい人気で、モデルや女優業だけでなく、歌や執筆活動までマルチな活躍をこなす彼女だけに、今回のアフレコ初挑戦も気になるところだ。

上川が演じるハンクは足が7本しかないタコで、目的は謎だが、ドリーの冒険に手を貸すという意味深なキャラクターだ。しゃべっていても口が見えないというアフレコでは難しさ役だった。
ディズニー/ピクサー・アニメーションの大ファンだという上川は「ハンクは忍者のように擬態や変身もする面白いキャラクターで、きっと皆さんにも愛していただけると思います。スケールアップした大冒険と、ドリーだからこその、心がふっと温まる感動のラストが待っていますので、是非ご期待ください」と作品とキャラクターに対する自信を感じさせるコメントを寄せた。

声優初挑戦の中村が担当するデスティニーは、ドリーの家族探しのカギを握るジンベエザメの女の子で、ドリーと同じくクジラ語を話すことができる。サメなのに泳ぐのが苦手という可愛くてお茶目なキャラクターだ。
全ピクサー映画を見ているという中村は本作で演じるデスティニーについて「デスティニーは身体は大きいけれど、 おっちょこちょいで明るくて、ドリーを助けようとする優しいサメ。みんながドリーを助ける姿から、思いやりが伝わったらいいなと思います」とキャラクターと作品に対して愛を感じさせるコメントをしている。

ドリー役は室井滋、ニモの心配性な父マーリン役の木梨憲武など、それぞれの日本語吹替版キャストを続投することが既に発表され、期待を集める本作。
そこに今回ふたりが加わったことでどのような化学変化が起こるのか。7月の公開が待たれる。

『ファインディング・ドリー』
7月16日(土)公開
(C) 2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集