キャスト梶裕貴、TVアニメ「ばなにゃ」のナレーションに蛭子能収を抜擢 | アニメ!アニメ!

キャスト梶裕貴、TVアニメ「ばなにゃ」のナレーションに蛭子能収を抜擢

ニュース

キャスト梶裕貴、TVアニメ「ばなにゃ」のナレーションに蛭子能収を抜擢
  • キャスト梶裕貴、TVアニメ「ばなにゃ」のナレーションに蛭子能収を抜擢
  • キャスト梶裕貴、TVアニメ「ばなにゃ」のナレーションに蛭子能収を抜擢
7月からTVアニメの放送が決定してい『ばなにゃ』。ばなにゃ役他を人気声優の梶裕貴が担当、3月のAnimeJapan 2016ではPVを初公開し話題を呼んでいた。
この放送情報と新たなキャスト情報が発表となった。放送は2016年7月からテレビ埼玉、サンテレビとなる。またナレーションにはマンガ家でタレントも務める蛭子能収を起用する。

『ばなにゃ』は株式会社クーリアが展開するキャラクターシリーズで、主にグッズによるキャラクター展開がされている。可愛らしいイラストとバナナの中に潜む猫という不思議な世界観が特徴だ。
これまでにマスコットのほかペンポーチやティッシュケースなど様々な形でグッズ化がされてきた。テレビアニメ化で認知度もあがり、さらにキャラクターも広がりそうだ。

キャストは ばなにゃ・他役として『進撃の巨人』のエレン・イェーガー役や『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の広瀬康一役を演じる人気声優の梶裕貴が抜擢されている。現在、梶が出演しているコメントムービーもTVアニメの公式サイト上で公開されている。
また今回ナレーションに起用された蛭子能収は、その自由さ、面白さ、つかみどころのなさが作品の世界観にも通じるとのことで抜擢に至った。本編には、ばなにゃたちを長年にわたり研究している研究者として登場する。
今回の出演に蛭子は「なんか俺には描けないかわいらしい絵ですね。うちも昔猫飼ってたのでナレーションは猫の気持ちになって可愛くやろうと思います。」とコメントを寄せている。可愛らしい本作の世界観と蛭子のナレーションがどのように噛み合うのかも注目となりそうだ。



『ばなにゃ』
(c)ばなにゃぱーとにゃ~ず
《半蔵門アラタ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集