「オオカミ少女と黒王子」映画とマンガが夢のコラボ イラスト入りの机?渋谷PARCOに登場 | アニメ!アニメ!

「オオカミ少女と黒王子」映画とマンガが夢のコラボ イラスト入りの机?渋谷PARCOに登場

ニュース

5月28日から全国ロードショーとなる映画『オオカミ少女と黒王子』が、公開前から早くも話題を集めている。
メガホンを取るのは『ストロボ・エッジ』『娚の一生』『余命1カ月の花嫁』で知られる廣木隆一監督。さらにキャストには二階堂ふみ、 山崎賢人、鈴木伸之、門脇麦、横浜流星、池田エライザ、玉城ティナ、吉沢亮、菜々緒といった面々が並ぶ。

これだけでも十分に話題性は高いが、さらに原作マンガ『オオカミ少女と黒王子』とのコラボレーションも発表された。まずは原作者・八田鮎子による描き下ろしビジュアルが公開、八田自身も何度も撮影現場へ足を運んだ。応援の意味を込めてその場で描きあげたビジュアルだという。
また、このビジュアルを描いた机が、渋谷PARCO 5F連絡通路の『オオカミ少女と黒王子』特設コーナーにも登場する。展示期間は4月28日から5月8日までとなっている。さらに特設コーナーでは、机の他にパネル展とフォトスポットスタンディの設置、キャストコメント付きの予告編映像がモニターで放映される予定だ。
東京での展示が終わると、その後は全国に机が巡回。まずは5月20日から6月19日に名古屋PARCO東館4F Carlova360での展示を予定している。

本作では、高校に入学したばかりの篠原エリカと、同じ学校に通う佐田恭也の恋愛ストーリーが楽しめる。恋愛経験ゼロなのに彼氏との恋愛話を語るエリカは、街で見かけたイケメンを盗撮し、自分の彼氏として写真を友達に見せてしまう。
その後、写真に撮られたイケメン・恭也に、彼氏のフリをすることを承諾してもらうものの、絶対服従を条件に出されてしまう。ウソから始まる恋が、どのように展開するかに注目だ。

原作は集英社「別冊マーガレット」で連載中の同名マンガ。既刊14巻、累計発行部数は460万部を突破している。2014年にはTYOアニメーションズ制作によりテレビアニメ化もされるなど、長きに渡り人気を博している。
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集