映画「一週間フレンズ。」クールで優しい親友・桐生将吾役に、超特急7号車タカシ | アニメ!アニメ!

映画「一週間フレンズ。」クールで優しい親友・桐生将吾役に、超特急7号車タカシ

ニュース

累計130万部突破の人気マンガ『一週間フレンズ。』が実写映画化され、2017年2月に全国公開になる。
川口春奈と山崎賢人のダブル主演が発表され話題を集めるなか、このほど追加キャストが発表された。男性7人組グループ・超特急の7号車・タカシこと松尾太陽の出演が決定。主人公・長谷祐樹の親友である桐生将吾役を演じる。

映画『一週間フレンズ。』は、2011年から2015年春まで月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス)にて連載されていた同題マンガが原作。月曜日になると友だちの記憶を失ってしまう女子高生・藤宮香織と、そんな彼女をひたむきに思い続ける同級生・長谷祐樹が織りなす淡い恋愛模様を描く。2014年のアニメ化、舞台化を経てついに実写映画化となる。
映画化にあたって、ヒロイン藤宮香織役を『好きっていいなよ。』で主演を務めた川口春奈。主人公・長谷祐樹役を2016年9月公開の『四月は君の嘘』への出演も決定している山崎賢人が務める。

今回、追加キャストとして発表された松尾太陽は、7人組メインダンサー&バックボーカルグループ・超特急の7号車・タカシとして知られる。グループ全員での映画出演はすでに果たしているが、松尾太陽単独での映画出演は、今作が初となる。
松尾が演じる長谷祐樹は、頭が良くクールでありながら思慮深く、長谷と藤宮の交流を優しく見守る存在だ。原作ファンからも大きな支持を得ているキャラクターということで、どのように演じるか注目される。

本作の出演に対して松尾は「この作品に出演が決まった時は、夢なのかと思うくらいに嬉しかった」と喜びを明かしている。また役づくりについて「桐生将吾に少しでも近づきたいと思い、原作に所縁のある場所も巡って原作の空気を感じてきました」とその熱意を語った。

撮影は2015年11月14にクランクイン、12月16日にクランプアップを迎えている。松尾の現場での様子は、超特急のなかでも“末っ子”であるのと同様に、キャスト・スタッフ陣から可愛がられ、いじられる存在だったという。緊張が解けない松尾を、役者として先輩である川口や山崎らが温かく迎え、徐々に距離を縮めていき少しずつ劇中の“友だち”さながらの関係となったそうだ。

また本作への出演を記念し、4月15日の東京・NHKホールのライブ会場を皮切りに、「超特急」イベント会場限定の特別先行ムビチケカードを発売する。映画館では発売されない、松尾1ショットでのライブ会場限定前売券となる。価格は1,400円だ。詳細は映画公式ホームページにて確認できる。

映画『一週間フレンズ。』
2017年2月 全国ロードショー
(c)2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会
《沖本茂義》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集