クラウドファンディングも成功!「WAT 世界のアニメーションシアター」がトークイベント開催 | アニメ!アニメ!

クラウドファンディングも成功!「WAT 世界のアニメーションシアター」がトークイベント開催

ニュース イベント

海外のショートアニメーションを特集上映するイベント「WAT 世界のアニメーションシアター」が3年ぶりに開催される。普段観る機会の少ない作品を紹介するとあり、すでに映画ファンから関心を呼んでいる。上映は2016年5月1日~29日(日)までの1ヵ月間、下北沢トリウッドが会場となる。
また開催にあたっては、映像分野に特化したクラウドファンディングのサイトMotionGalleryとタッグを組んだ海外ショートアニメの配給環境を整えるクラウドファンディングも実施された。これが目標の金額に達成した。集まった資金は作品の日本語バージョンの作成や、監督や製作者などへの上映料、さらに広報宣伝費の一部に使われる。

「WAT 世界のアニメーションシアター」は、オフィスHが2000年から行っている。世界のショートアニメーション作品をテーマに沿って特集し、上映を行っている。
「WAT 世界のアニメーションシアター2016」では、“いろいろな愛を描くアニメーション”“社会的視点を持つアニメーション”という2つのテーマを設定した。これに基づいて合計10作品を上映する。いずれも世界の映画賞やアニメーション映画賞を受賞した名作揃いだ。なかでも『真逆のふたり』は第85回アカデミー賞の短編アニメーション賞にノミネートした作品で注目作のひとつと言える。
また、作品ごとに様々な手法を用いて物語が描かれており、3DCGのものはもちろん、手描きのアニメーションや、砂と油彩手書きで描かれた『ちいさな芽』、パペットアニメーションの『ビトイーン・タイムズ』、フィルムに直接絵を描くダイレクトペインティングを用いた『ホワイトテープ』『ブラックテープ』など、その表現方法も魅力的だ。

さらに5月2日には、ゲストを招いてのトークイベントも実施する。上映後に土居伸彰氏を迎える。土居氏は、新千歳空港国際アニメーション映画祭フェスティバルのディレクターを務めるなど。海外のアニメーション事情に詳しい。
また5月7日にはMotionGalleryの代表取締役である大高健志氏が登場する。映像とクラウドファンディングについて語られることになる。

日本ではあまり観ることができない海外ショートアニメーション。貴重な機会でもあり、今年のゴールデンウィークはイベントに足を運んでみてはいかがだろうか。
《半蔵門アラタ》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集