「魔法の第三惑精 クリーミィ☆かがりん」や「planetarian ~ちいさなほしのゆめ~」がアニメ化 | アニメ!アニメ!

「魔法の第三惑精 クリーミィ☆かがりん」や「planetarian ~ちいさなほしのゆめ~」がアニメ化

ニュース

2016年4月1日、数々のゲームを手掛けるKey公式サイトが様変わりした。トップには『魔法の第三惑精 クリーミィ☆かがりん』のタイトルとビジュアルが描かれ、豪華同時上映として3つの作品が挙げられている。

Keyは『AIR』や『CLANNAD』、『リトルバスターズ』などのゲームを制作したゲームブランドだ。アニメでは『Angel Beats!』と『Charlotte』と人気作も手掛けている。2016年7月には『Rewrite』のテレビアニメ放送が決定し、勢いを増すばかりだ。
4月1日に公式サイトで大きく登場したのは『魔法の第三惑精 クリーミィ☆かがりん』だ。夏にアニメ化を控える『Rewrite』のキャラクター・篝が魔法少女として描かれた。「それは46億年の子守歌ーー」と意味深なフレーズが書かれ、キャラクターの説明やストーリーも記載。2016年夏ロードショーと書かれている。

豪華同時上映には、『リトルバスターズ』と『Carlotte』の筋肉キャラクターがコラボした『真人怒りのデスマッスル!!』、『planetarian ~ちいさなほしのゆめ~』、『ちびもすのトキメキかくれんぼ』が並んだ。どこかで聞いた様な映画のタイトルもあるが、『planetarian ~ちいさなほしのゆめ~』は2004年に発売されたキネティックノベル作品だ。
ページに飛ぶことも可能で、2016年アニメ化決定と書かれている。46秒に渡るPVも公開され、ファンの期待も高まる内容となった。

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集