話題の「エヴァンゲリオン スマートフォン」、壁紙や音声を一足先に体験 | アニメ!アニメ!

話題の「エヴァンゲリオン スマートフォン」、壁紙や音声を一足先に体験

ニュース

2015年に20周年を迎えた『新世紀エヴァンゲリオン』の新たなスマートフォンが誕生した。セブンイレブン限定の「エヴァンゲリオン スマートフォン」は、20周年限定デザインや、壁紙要素など、ファンにはたまらない仕様となっている。
またSIMフリースマートフォンとで、OSにはAndroidを採用、 NTTドコモ網に対応する。30,000台限定で11月2日からセブンイレブンにて申込受付を開始する。

今回、アニメ!アニメ!編集部ではその話題の「エヴァンゲリオン スマートフォン」を早速入手、一足先に体験してみた。そのレポートをお届けする。

まず スマートフォン本体は、特殊な加工を施した20周年記念限定デザインとなっていた。初号機が中心に描かれ、初号機カラーのグラデーションが映える。エヴァファンであれば親しみのあるカラーだ。
また電源と音量調節のサイドボタンはオレンジとし、濃淡の中に映えるアクセント。EVANGELION 20th Anniversary」というロゴも書かれている。ケースのデザインも初号機らしいカラーで統一され、メカニカルな雰囲気が格好よさを演出している。

実際に使用感も試してみた。電源をつけると、まず機動音が鳴る。画面が初号機カラーに染まっていて、初号機好きには嬉しい仕掛けだ。
電池の残量や電波の状況、電話やメールのアイコンもエヴァ仕様。壁紙にも特別な仕様があり、「エヴァンゲリオンスマートフォン」独自のギミックが多数施されている。
さらにオリジナルアプリケーション「365EVA WALL」が搭載され、毎日新しい壁紙が追加されるそうだ。現在公開されている9枚は、アニメの絵柄や第1話のタイトルロゴなどである。デザインは毎日、文字どおり全365枚にも及ぶ。ここにはスタジオカラーのアニメーター描き下ろしの限定デザインも登場するとのことで、ファンから注目を集めそうだ。

そしてオリジナルアプリケーション「EVA SOUND」の搭載も注目したい。アプリには音声データが格納されていて、新劇場版でも使用された21種類と、アンケートで人気の高かったキャラクターの音声を新たに34種収録している。作中で使われる効果音はもちろん、綾波レイや式波・アスカ・ラングレーなどの録り下ろし音声も登場、電話やメールを呼び掛けてくれる。
またアプリ内にはミッションが設けられている。このミッションをクリアすることで使用可能になる音声もある。ミッションはクイズ形式や、何かを達成することでクリアできるなど様々だ。音声を聞くだけでも楽しくなってしまうので、思わず全部コンプリートしたくなるだろう。

注目の「エヴァンゲリオン スマートフォン」は84,240円(税込)。受付予約を行うセブンイレブンでは、プレゼントキャンペーンや等身大フィギュアの販売などエヴァで盛り上がっている。新たなエヴァスマホの登場が、また大きな話題となりそうだ。

『新世紀エヴァンゲリオン』
(C)カラー
《タカロク》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集