劇場版「進撃の巨人」後編4D版が8月29日から 先着でリヴァイのポストカードも | アニメ!アニメ!

劇場版「進撃の巨人」後編4D版が8月29日から 先着でリヴァイのポストカードも

ニュース

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
  • (C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
  • (C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
マンガ、テレビ、イベント、そして実写映画と『進撃の巨人』が相変わらず大人気だ。8月29日からはアニメ映画の『劇場版「進撃の巨人」後編~自由の翼~』の4D版が公開をスタートする。
本作は6月27日から公開しているが、今回は全身で映画化を体感する4D版である。さらに追加の公開館も発表された。先着限定入場者プレゼントも決定するなど、まだまだ劇場で楽しめそうだ。

『劇場版「進撃の巨人」後編~自由の翼~』は、テレビアニメ第1期の14話から25話を5.1chリマスターした総集編となっている。新作カットを加え、新録で音声も一新されている。
4D 版はこれに映画のシーンに合わせの客席のシートの動き、水や風、フラッシュなどのエフェクト効果などが加えられた。映画と連動する体験型シアターを実現する。4D 版は4DXとMX4Dの2種類があり、4DXは18、MX4Dは東京と埼玉の3つの映画館で体感することが出来る。

4D版の公開に合わせて新たな先着限定入場者プレゼントも実施する。リヴァイが描かれたポストカードに決定、映画館らしく、席に座りポップコーンを片手に鑑賞している姿が描かれている。
さらに通常版の追加公開館も明かされた。こちらも先着限定入場者プレゼントが実施される。同じポストカードであるが、ビジュアルが変わる。リヴァイが「満員御礼」と書いてある掛け軸を手にしている、映画ならではの姿が描かれている。4D版ともにどちらのポストカードも特注サイズとなり、4D版は132×150mm、通常版は120×235mmとなっている。

アニメ『進撃の巨人』は、今後も新たな展開が予定されている。2016年に第2期の放送が決定、2015年10月からはスピンオフ作品『進撃!巨人中学校』のテレビアニメ化も決定した。
実写映画でも『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』が2015年8月1日から公開され、話題となっている。後編も9月19日から公開予定だ。作品の勢いは今後まだまだ続きそうだ。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集